2008年02月03日

魔女の宅急便

クリスマスプレゼントにもらった本。

角野 栄子「魔女の宅急便」その1〜5

5巻もあるんです。

'85 '93 '00 '03 '07 と20年以上かけて
続いています。多分、映画化されて人気がでて、
続編が出ているのでしょう。

第6巻もできるようですが、何年後になるやら。
映画版は第1巻くらいです。だから、その後の
物語は、キキが成長していく過程が描かれています。

魔女は13歳でひとり立ちします。
親元を離れ、自分の住む町を決めて仕事を始めます。
キキはほうきで空を飛べることを活かして宅急便を
はじめます。
巻ごとに次々と14歳、15歳、17歳、19歳の
キキが描かれ最後は20歳になります。

3巻以降は多感な年頃の女の子としてのキキになり、
いろいろあって面白かった出来事よりつっこんだ
話になります。私は夜に長女に読み聞かせをしていましたが
内容は難しいのでないかと思いました。その年齢なりの
解釈でよいのでしょうが。

この前のクリスマスから読み始め、昨日2月2日に
読み終わりました。偶然にも2月2日はキキの誕生日。
5巻の最終章にこのことがでてきます。20歳の誕生日の
朝に一人おしゃれをして、海の町コリコの海に行き
日の出を見ます。そこのところで、あっ、と今日は
2月2日だと娘や家族に言って自分も興奮しました。
こういうのを何かの偶然というのでしょう。共時性だと。
一ヶ月ちょっとほぼ毎日、魔女の宅急便を読んでの
フィナーレにふさわしい演出、と勝手に思ってしまいました。

面白い本だから、またしばらくしたら読もうと言っています。
最後は円満に収めていますが、キキの恋人、とんぼさん。
もうちょっと女心をわかってよね、とじりじりします。
長女はやさしいからとんぼさんの肩を持ちますが。

第6巻は、キキもお母さんになり、こどもが魔女として
デビューするところから始まりそうです。
つくづく児童書って奥が深いと思います。

posted by 金時 at 08:31| お薦め図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書雑記080202

マーティン・シュワルツ「ピット・ブル」

ウォール街でチャンピオン・トレーダーになった男の回想録。
自分に合った売買法と値動きをチェックするチャート、そして
自分の取引に自信と確固たる信念を持つことで成功した。

ちょうど金のところを読んでいたんですが、当時オンス500ドルで
金貨を買っていたから高値買いだったと。その後300ドルで取引されて
いたから。

今はどうでしょう。史上最高値を更新。900ドルまでのせています。
今の金に対する考え方。資産の保全のため、というのも多いよう。
つまり、資産家がドルやユーロといった通貨や株式などの分散では
不安になり実物財産に投資しているため、価値が劣化しない金などの
金属類や絵画などの美術品にも買いが入っています。

もちろん投機筋が多いのも事実でしょうが、自分が1000億円を持つ
立場だったら、株式、債券、現金に加え不動産や商品、美術品まで
分散するでしょうね。このクラスになれば積極的に資産を増やす
というよりは、資産の保全が大切になってきます。
○○家の永遠の繁栄のために、という具合に(笑)


バン・K・タープ「魔術師たちの心理学」

なんと今年に入ってから新版がでてるでないか。
しかも同じ値段で200頁も増量されている。11月ぐらいに買ったばかりで
あまり読んでなかったのに・・・。
これを読んだら新版も買いたい。ううう。
聖杯の鍵を解くには、自分で考える力や独自性を大事にすること。
つまり、自分を知り、持てる能力を発揮し、自分らしく相場の流れに
乗れたとき、利益を上げることができる。前出のシュワルツも同じことを
言っているではないか。
そうそう、タープ博士は成功者の共通点をモデル化しているから
当然なんです。


安部忠「税金ウソのような本当の話」

会社のM&Aの話にいいヒントを得る。目次を見てきになるところしか
読んでませんが。いづれ役に立ちそう。ちょっと古い本なので税率など
は変わっていますが。


日経ビジネス

新年号から第2特集ではじまった「激流・投資マネー」が面白い。
自分はつくづくマネーが好きなんだと思う。こんなの読んで面白がって
いるのだから。当然ながらお金は多くの人の関心ごと。お金は人間の
心理が深く関係しているから、人間の分身の如くで余計興味がでます。
臆病で孤独を嫌い、動きが早くてどこへでも瞬時に移動できる。

今回のサブプライム問題での株価の大幅な下落なんて、結局誰も予想
できないこと。ブラックマンデーもそうですが、当たったと思っている
人は偶然で、ではどこが底で買いにいけるかなどやはりわからないでしょう。

できることは、損切りラインを決めておき市場から撤退することくらい
でしょうか。そうすると今度は、いつ市場に戻るかが難しい。
ポイントを決めておき、入ることはいつでもできますが、ボックス相場に
なった場合、売り買いばかり行い手数料がかさんでしまいます。

結局、長期投資家は買い持ちになっているのでないでしょうか。
というか、買いに入っているかもしれません。保険をかけたい人は
プット・オポションを買ってヘッジを行うのでしょう。

一番驚いている人は、バーナンキかもとか、とか読んだような。
1月に入ってからの0.75%と0.5%の利下げは見事でしたが、なぜ
12月にそれができなかったか。遅すぎたんですよね。
マーケットにせかされて行っては足元を見られています。
その分、効果薄。市場のサプライズがあってFRBの本気度が
わかるってもの。
各国が強調すればいいのに、結局アメリカしか頼りにならない。
日本は日銀総裁の後任人事でもめている。まったくもってKY。





posted by 金時 at 08:07| dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

読書雑記080129

梅田望夫「ウェブ時代をゆく」
自ら生きるお手本を分野ごとに探して、その人を参考にするロールモデル思考法が本書の主題(と本人がインタビューで語っていた)。これを第4章にもってきたそうな。

あとこの本といえば、けものみちを連想するくらい、けものみちは有名になってしまった気がする。要は総合的な人間力を発揮して生きていく方法。組織や資格などの肩書きではなく、自分の好きなこと、できることで生きていくこと、しかも大きな組織、会社などには属さずに。

自分が主人公ということなんです。自分に好きにやって生きてよい。但し、自分の力でね。自分の力といってもそれには人脈とかコミュニケーション能力とか総合的な力を含めてだけど。

ウェブの現在や可能性をもとに個人がどう生きていくかということが中心になっています。どう生きるかということは、この本の副題のいかに働き、いかに学ぶかということでもあります。

これは、私がいつも考えていることだから、すごい共感できる。多くの人もそう思っているのではないかしら。スキルも単独ではなくて、コラボが必要なのではないかと思ったり、やっぱり熱意だとか、そのためには好きなことがないと。それをビジネスにどうつなげるか。

生きることは人と関わることだから、人のお役にたちたいし。結構それが生きがいになるし、人と関わらないと寂しいし。などなど。

ちなみに梅田さんは4月からサバティカル休暇に入ります。これは大学の研究者などがとる研究休暇(有給で1〜2年程度、7年ごとにもらえるとか)。その間に自分のやりたいことを整理したり、集中的に新たなテーマを勉強することでしょう。

自分はこれについて、大人はみんな必要なのではないかと思うのです。日本人は100歳くらいまで生きるようになると思います。60歳で会社を定年ではその後の人生が長すぎるし、年金の支給も遅くなるなら経済的にも働くべきだし、今の60代はとても元気です。自分たちの時はもっと元気なのでは。そうしたら仕事も90歳までできるようになるでしょう。

だから、1〜2年のサバティカル休暇、でなくても自分を見つめなおし、新たな仕事を見つける(または同じ仕事でもグレードアップする)期間をとることはとても重要なことだと思います。自分も早くそうしたい。本田健さんはこれと似た意味でセミリタイヤとよんでいます。研究ではないけど。

自分は、何もしなくてもいいような気がする。最初は。そしてそのうち何かをやりたくなる。それが出てくるまでじっくり家族と過ごしたり、旅行したり、地域と関わったりしたらいいと思っているのです。忙しい状態で何かつぎを探したり、準備すると余計忙しくなって、そんな状態ではいいアイディアはでないと思います。

仕事も面白くなきゃ続かない。そんな気がするこのごろです。

posted by 金時 at 00:17| dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

読書雑記080128

昨日の日曜日は、日がな一日読書で過ごす。

島田浩子「きちんとした話し方のコツ」
話し方の極意。スピーチは練習につきる。

ジェームス・スキナー「成功の9ステップ」
違いをもたらす違いの探偵になれ。年末にCDも買って
聴いたけど最高。何回も何回も聞く価値あり。
本も読む価値あり。

ロバート・キヨサキ「金持ち父さん、貧乏父さん」
資産をつくり、ストックからフローを生み出すサイクルをつくる。
これに尽きる。賃金労働者になっていはいけない。
発想の転換ができるまで、しっかりと読み込む必要がある。
こういう考え方にだいぶ慣れてきた、というか
身についてきた気がする。いいことだ。

フロンク・ベトガー「私はどうして販売外交に成功したか」
販売のバイブル。今回はアフターケアのすすめと契約に至る準備、
そして契約を成功させた一事例が役に立つ。

佐藤昌弘「売れる力学」
Q&A方式。実践するとき、ぱらぱら見ると役立ちそう。

佐藤昌弘「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」
具体的なマジックワードが紹介されている。
要は、お客のニーズや要望を具体的に誘導してあげることが大事。

柳井正「一勝九敗」
日米のクリエイターの違いなどが参考になった。

ケビン・ホーガン「できる人の話し方」
人間心理に基づく会話術。いきなりマスターできないけど、
少しずつ実践したらいいと思う。話し方も技術なんです。

箱田忠昭「最強のセールスの法則」
これもいい本。人間の行動パターンを研究した上でのアドバイス。
お客のノーは挨拶がわり。

徐向東「中国で売れる会社は世界で売れる」
中国人にあったマーケティング戦略をすること。
当たり前だけど、デザインと価格。
あと上海の不動産事情や各都市の状況説明が参考になった。

読みたい本はまだまだ続きます。



posted by 金時 at 19:58| dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

マーケット2008ショック

弊社のお客様へ

2008年に入ってから日本、アメリカ、中国、インドと世界中の
株式市場が悲鳴をあげ株価もつるべ落としの状況です。

これは、ファンド等大口の投資家が損失を埋めるために
次々と市場から撤退し、資金を債権などの安全な場所に
移しているからです。また、下落に耐えられなくなった個人が
投売りをしているためと考えられます。

現状の株価の状態は割安で株価下落により利回りも上がっております。
最近、話題になっておりますが、国債の利回り1.3%に対し
トヨタが2%を超えと2倍以上、株が有利という状況です。

株価につきましては、すぐに上がるとは思えませんし、
まだ、下がるかもしれません。しかし、しばらく株価のことは
忘れて心を安静に保たれますよう、お願いいたします。

こういった危機に対応できるのは、世界ではアメリカしか
ありません。今回の危機はアメリカが震源で、当事者であったため
対応が少し遅れていますが、昨日金利を0.75%引き下げる措置を
とりました。引き続き、金利を下げていくことになるでしょう。

今回の傷はかなり深いものであり、季節が暖かくなるまでは
損益状況も厳しいものであると考えられますが、すべては
時間が解決してくれるものと信じております。
企業業績は決して悪くありません。したがって株価はしかるべき
価格に収まります。どうぞ、ご安心ください。

なお、資金に余裕のある方は、現在は絶好の買い場であると思います。
但し、底はわかりません。安値圏であるということです。
それは、年末からそういった状況でありました。今回の危機は
予見できません。なぜなら、年明けからもっと株価が上昇したかも
しれないからです。それがマーケットです。

余裕資金で、長期運用を心がけるのであれば現状も一過性の出来事で
あったと思えるでしょう。現在は心理戦です。
みんなが悲鳴をあげて投売りをしています。ほっておきましょう。
逆手にとって買いましょう。それがみんなのお役に立つことです。
そして株価が元に戻っただけで自分も大きく儲けることができます。

皆様のご多幸をお祈りします。
ありがとうございました。


posted by 金時 at 20:32| お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

読書雑記080116

「波乱の時代」を読み続ける。

日経の私の履歴書に掲載している前米FRB議長、アラン・グリーンスパンの著書。
私の履歴書がこの本の抜粋であることにぐっちーさんがかなり痛烈に批判してます。たしかに、私もこの本を読んで、写真も同じだし文章もグリーンスパンが短く書き直したのかと思ったのですが、どうやら抜粋なのでしょうか。
短くまとまっていてよいとは思いますが。
本の方がより面白いですけど。

グリーンスパンは「自由な競争市場が社会をよくする力をもつ」という考えで仕事を行ってきています。規制や統制はいけないのだと。

行動経済学の本をパラパラと見たら、経済学を学ぶと利己的になるという小見出しがありました。どうやらケチで自己中な人が経済に興味を持つようです。なんかわかるような・・・。


それにしても、世界の株式市場はガタガタです。
こういうときは、下がり続けるしかないのでしょう。勢いがあるので、しばらくは止まりそうにありません。
日経もダウもハンセンもひどいものです。
どこまで下がるかなどわかりませんが、割安感が出たといっても大口のファンドあたりが売りに出してしまえば、なかなか小口では吸収しきれないでしょう。
円も高くなっています。これもしばらく続きそうです。
勢いがどこまで続くかです。見ていて気持ちがいい(悪い)くらい。

posted by 金時 at 00:46| dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

読書雑記080114

本をフォトリーディングして、マインドマップにまとめて
論理的な文章にしてブログに公開という手順を踏みたいけど、
そこまではなかなかいかないので、また本を同時並行で
読みすすめているので、読んでいる本の感想を思いつくままに
書いてそこで、何かの飛躍があったらいいなということで
すすめていきたいと思います。

最近毎日読んでいるのが、本田健さんの「きっと、よくなる!2」
デール・カーネギーの「人を動かす」です。
少しずつ読んでいますが、心が落ち着きます。本田さんの本は
希望の灯りみたいなもの、カーネギーのはどのように人と
かかわったらいいかということ。謙虚になれます。

本田さんの別の本では、昨日すごい気づきがあって
今それを回想し補強しているところです。

トイレに置いてあるのが司馬遼太郎の「坂の上の雲」
遅々として進まないわけですが、秋山好古が貧乏から学を活かして
大阪、名古屋、東京とステップアップしている途中です。
幕末には、都市部より地方に学のある人間が多かったというのに
驚きました。だから、無料の学校、今で言う小中学校が出来たときに
教員を大量採用する必要があったわけですが、その時流にのって
秋山好古は自活して出世していくことが出来たわけです。
それで、薩長などの地方から人材が出てきたのかなと思います。

ついでに縁あって「竜馬がゆく」もちょこちょこと。
やはり剣の修行のために江戸に向かっています。
道中面白い人間とばかり関わっています。
坂本家は土佐を治めていた山内家の流れではなく、
元の長曾我部の家臣つまり郷士で、山内家の子孫である
上士とはしっかり差別されていました。
また元の出は明智家で坂本姓は先祖が琵琶湖ほとりの
坂本城に住んでいたとのこと。

1月からの何といってのマイブームは、
前米FRB議長のアラン・グリーンスパン。
日経の私の履歴書で元日から取り上げられ、とりこに。
今は「波乱の時代」を中心にボブ・ウッドワードの著作や
他にもストックして読んでいます。経済のミクロ分析が圧巻ですね。

サブプライム問題で世界経済がまだ、不透明感があるのでそっちも
きになるところです。今週の米銀の決算だったかな、この辺で損失額が
ある程度明らかになれば、そしてFRBが大幅利下げすれば、少し
落ち着くのでしょうか。ドル安にはなるのかな。もう、現在の円高で
織り込んでいるのか。何で12月に0.5%利下げしなかったのか疑問ですが、
金も900ドルにせまる最高値。原油は100ドルにタッチ、今反落してますが。
ドルもダウもいまいちだから余計、商品に資金がシフトしています。
日本株については、14300円くらいが下値抵抗線で30000円を目指すという
説を読んでいますが、これは当たりやの方の意見です。
だいぶ、下ぶれしているなと思います。相場には勢いがあるので
針がふれてしまうのですね。こんなときは嵐が過ぎるのを待つのか。
もっと前にショートしておくのが良かったのか。

また、普段からもう少し頭を整理して、自分でも面白い文章を
書いてみたいと思います。

posted by 金時 at 17:37| dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せな経済自由人という生き方

本田健著『幸せな経済自由人という生き方』

実は近々つぎのステップに行きたいと考えているので、
本田健さんの本はじめ、色々読んでいるのですが、
今日はこの本でいいアイディアが浮かびました。

本当によかった。

本田健さんの本は、どれも結構似た感じですが、つい買って
しまいます。それぞれいいことが書いてあるんです。

結局、自分は少しあせっていたんだ、ということでした。
先を急ぎ、結果を急ぎと。

「経済自由人への道は、ゆっくり歩くのがコツ」
「海外セミリタイアを考えてみよう」
「自由人は、お金や仕事より、友人を大事にしている」

心に響く言葉が多くありました。
少し心が軽くなり、うれしくなりました。ありがとう。

今日はもう寝たかったけど、これだけは書きたかったので、
書きました。
posted by 金時 at 00:26| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

効率が10倍アップする新・知的生産術

『効率が10倍アップする新・知的生産術』勝間和代著・ダイヤモンド社

ムギさんこと勝間和代さんによる自分をグーグル化するための本。

同じく年収10倍アップ勉強法年収10倍アップ時間投資法も読んでいたので、
ムギさんの本を始めて読んだときほど驚きはありませんでしたが、
何点か非常に参考になりましたので紹介します。

その前に自分用にまとめた点を列記します。

1 本質を見極める
2 インプット力
3 アウトプット力
4 習慣・人脈作り

以上を軸にしました。

1の本質を見極めるためには、
大まかな情報→洞察力→本質というアプローチを
使いますが、その具体的な方法を教えてくれます。
良書の基準について、2000円以上のハードカバーにいい情報が多くある
といった具体的な助言があり、初めて得た情報でした。
またこの本では、フレームワークの重要性を強調しており、
アウトプットの際に常に考えるべきことを実感しました。

2のインプット力では、3大情報源が紹介されています。
実体験、他者体験、良書の3つです。
ここでは、良書と併せて読書法が披露されています。
著者と対話するように読む、3点測量法で要は1テーマについて
正・反・合の3種類の本を読み検証するという学術的な読み方に
納得しました。

3のアウトプット力では、軸を持つという点に教えられました。
話したい、書きたい内容を分解して、再構築できる程にまで
精査することを強調しています。その内容について上から、横から
そして立体化して見せる。要はわかりやすくということです。
アウトプットはインプットより大変なので、ついついおろそかに
しがちですが、アウトプットを行うことにより、インプットの質も
変わるのでここは是非実践すべき課題であると再度励まされました。
そのためにブログで発信することと。自分も今日から始めます。

4の習慣・人脈作りについては、それぞれ別の項目でしたが、
自分にとって既知であることやプライオリティの低いものである
ことから簡略化していますが、気になる点は隙間時間の有効活用と
SNSなどでコミュニティ運営のリーダーとなることでした。
準備をして、ミクシのコミュニティを作ってみることも目標に
なりました。

ムギさんが実際に使用している機器が写真付きで紹介されていたり、
推薦図書が100冊以上紹介されていたりとこれだけでも1575円出して
買う価値のある本です。

ちなみに私は、年収10倍アップ勉強法を読んで、
6月にフォトリーディングの講座を受講しました。
年収10倍アップ時間投資法を読んで、
ドラム式洗濯機・乾燥機と食器洗い機を購入しました。

2冊の本とも非常に役立っています。

この本からは、ブログ発信をしっかりやって、コミュニティのリーダーと
なるべく実行していきたいと思います。


080101_1830~0001.jpg
posted by 金時 at 00:12| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

渋谷ではたらく社長の告白

2年くらい前に一度読みましたが、
この夏に文庫化されていたので、
今度は買って読んでいます。

藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」
幻冬社文庫

こんな風に起業したからといって
成功するとは思いませんが、
藤田社長のガッツは相当なものです。
読んでいても面白いです。

奥菜恵の旦那だと驚いたのも2年前
本を読んでから、別れたと知ったのも
1年後くらい。芸能ネタには疎いです。
posted by 金時 at 17:39| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。