2008年01月14日

幸せな経済自由人という生き方

本田健著『幸せな経済自由人という生き方』

実は近々つぎのステップに行きたいと考えているので、
本田健さんの本はじめ、色々読んでいるのですが、
今日はこの本でいいアイディアが浮かびました。

本当によかった。

本田健さんの本は、どれも結構似た感じですが、つい買って
しまいます。それぞれいいことが書いてあるんです。

結局、自分は少しあせっていたんだ、ということでした。
先を急ぎ、結果を急ぎと。

「経済自由人への道は、ゆっくり歩くのがコツ」
「海外セミリタイアを考えてみよう」
「自由人は、お金や仕事より、友人を大事にしている」

心に響く言葉が多くありました。
少し心が軽くなり、うれしくなりました。ありがとう。

今日はもう寝たかったけど、これだけは書きたかったので、
書きました。
posted by 金時 at 00:26| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

効率が10倍アップする新・知的生産術

『効率が10倍アップする新・知的生産術』勝間和代著・ダイヤモンド社

ムギさんこと勝間和代さんによる自分をグーグル化するための本。

同じく年収10倍アップ勉強法年収10倍アップ時間投資法も読んでいたので、
ムギさんの本を始めて読んだときほど驚きはありませんでしたが、
何点か非常に参考になりましたので紹介します。

その前に自分用にまとめた点を列記します。

1 本質を見極める
2 インプット力
3 アウトプット力
4 習慣・人脈作り

以上を軸にしました。

1の本質を見極めるためには、
大まかな情報→洞察力→本質というアプローチを
使いますが、その具体的な方法を教えてくれます。
良書の基準について、2000円以上のハードカバーにいい情報が多くある
といった具体的な助言があり、初めて得た情報でした。
またこの本では、フレームワークの重要性を強調しており、
アウトプットの際に常に考えるべきことを実感しました。

2のインプット力では、3大情報源が紹介されています。
実体験、他者体験、良書の3つです。
ここでは、良書と併せて読書法が披露されています。
著者と対話するように読む、3点測量法で要は1テーマについて
正・反・合の3種類の本を読み検証するという学術的な読み方に
納得しました。

3のアウトプット力では、軸を持つという点に教えられました。
話したい、書きたい内容を分解して、再構築できる程にまで
精査することを強調しています。その内容について上から、横から
そして立体化して見せる。要はわかりやすくということです。
アウトプットはインプットより大変なので、ついついおろそかに
しがちですが、アウトプットを行うことにより、インプットの質も
変わるのでここは是非実践すべき課題であると再度励まされました。
そのためにブログで発信することと。自分も今日から始めます。

4の習慣・人脈作りについては、それぞれ別の項目でしたが、
自分にとって既知であることやプライオリティの低いものである
ことから簡略化していますが、気になる点は隙間時間の有効活用と
SNSなどでコミュニティ運営のリーダーとなることでした。
準備をして、ミクシのコミュニティを作ってみることも目標に
なりました。

ムギさんが実際に使用している機器が写真付きで紹介されていたり、
推薦図書が100冊以上紹介されていたりとこれだけでも1575円出して
買う価値のある本です。

ちなみに私は、年収10倍アップ勉強法を読んで、
6月にフォトリーディングの講座を受講しました。
年収10倍アップ時間投資法を読んで、
ドラム式洗濯機・乾燥機と食器洗い機を購入しました。

2冊の本とも非常に役立っています。

この本からは、ブログ発信をしっかりやって、コミュニティのリーダーと
なるべく実行していきたいと思います。


080101_1830~0001.jpg
posted by 金時 at 00:12| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

渋谷ではたらく社長の告白

2年くらい前に一度読みましたが、
この夏に文庫化されていたので、
今度は買って読んでいます。

藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」
幻冬社文庫

こんな風に起業したからといって
成功するとは思いませんが、
藤田社長のガッツは相当なものです。
読んでいても面白いです。

奥菜恵の旦那だと驚いたのも2年前
本を読んでから、別れたと知ったのも
1年後くらい。芸能ネタには疎いです。
posted by 金時 at 17:39| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

大橋悦夫&佐々木正悟「スピードハックス」

フォトリーディング読書記12

仕事のスピードをいきなり3倍にする技術

仕事の速い人は、仕事をスピーディーに進めるための自分なりの仕組みを持ち、
これをうまく回している。

そのための9つの手順を紹介している。

1 取りかかる気持ちを起こす
2 段取りを決める
3 やる気を引き出す
4 時間をスライスする
5 環境をテコにする
6 迷いを断つ
7 習慣の力を活用する
8 アイドルタイムを減らす
9 ゴールまでたどり着く

それぞれで、自分が気に入った部分

1 とりあえず5分だけやる
2 洗い出しメモから始める
3 お気に入りの仕事術の本を読む
4 小さな締切りを設定
5 カフェで仕事をする
6 仕事の流れを一本化する
  (タスクをリストアップ、優先順位付け、その順に次々と片付ける)
7 とにかく1ヶ月は続ける(成果を記録する)
8 10分やったら2分休む、1時間やったら30分流す
9 仕上げるための準備の仕事をこなす


この手の本はいくつか読んでいるので、特段の目新しさはないが、
それでも定期的に読むことにより、パソコンの利用については
新しい情報も入る。パソコン情報も定期的に仕入れているので
そんなに遅れてはいないと思うが。

仕事術や整理術は、法則性があるので読んでおく必要はある。
自分は結構、そういった法則性にそってやっているので、やはり
効率的な仕事をしているのだと感じた。

最初はオンザジョブでまわりの良い方法を取り入れていたが、
本でまとめられたのをいくつか読んで、だいぶ洗練された感じがする。
本はモチベーションアップにもなるから、良いと思う。
仕事術のようなスキルの部分となぜ仕事をするのかというような
哲学の部分と併せて学ぶと更によい。


posted by 金時 at 18:31| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

パコ・ムーロ「なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?」

フォトリーディング読書記11

レビューで書かれているとおり、一般的な内容のビジネス書。

当たり前の内容のことでも、何度でも確認する必要があることから

色々目先を変えて、焼き直しされると思う。

個々人のスキルアップは必要です。
posted by 金時 at 15:05| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古市幸雄『「1日30分」を続けなさい!』

フォトリーディング読書記10

勉強は続けることが大切、要は質より量。

成果がでるのは時間がかかるが、それは累乗関数である。

身銭をきって、教材やセミナーや道具に投資する。

さらには、時間への投資として喫茶店の30分利用もすすめる。

これは、外へ書斎を確保することだと。

目標を紙に書くとか、決断するとか、一般的な内容もあり。
posted by 金時 at 14:50| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤巻健史「マネーはこう動く」

フォトリーディング読書記9

いつも同じことだが、

インフレ型ポートフォリオをすすめている。

ドル、不動産、株。

あとBRICSは流動性に問題あり。

流動性のあるマーケットで勝負を。
posted by 金時 at 14:42| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

石田淳「ママのやさしさが、学力を伸ばす」

フォトリーディング読書記8

やり方、行動に着目した教育法をすすめている。

目標も具体的なものにするとよい。

大切なのは、学習方法とその継続方法です。

posted by 金時 at 21:12| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石田淳「続ける技術」

フォトリーディング読書記7

行動に着目して、行動にリンクさせるとよい。

立ち読みで充分です。
posted by 金時 at 21:00| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

池谷裕二「だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法」

フォトリーディング読書記6

新進気鋭の脳学者、池谷裕二氏の脳の機能を活かした勉強本。

勉強には復習が大切、しかも同じ本を繰り返すことが効率的。

復習は二ヶ月に4回、翌日、1週間後、その2週間後、その1ヶ月後。

努力と根気で結果は累乗で伸びていくのであきらめない。

楽しく効率的に何度も繰り返しが鍵。
posted by 金時 at 17:25| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

ユール洋子「ベストな自分を創り出すNLP心理学」

フォトリーディング読書記5

NLP、神経言語プログラミングの入門書。

NLPとは、五感とコミュニケーション・システムを
望む結果に到達するため機能させる手法です。

感情、言葉、態度を理想の状態へ持っていきます。
そのために、成功者のモデリングをしたり、
未来や過去に行ってイメージで変化を与えます。

このタイムラインという考えは参考になりました。
posted by 金時 at 17:22| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

大竹愼一「日経平均4000円時代が来る」

フォトリーディング読書記4

あと5〜8年後に日経平均は4000円になる。
2012〜2015年の間です。

給料は半分、地価十分の一、金利5%、失業率10%。

でも、物価も下がっているから給料半分でも平気。

問題は、長期のローン。

持ち家、教育費にお金をかけなければ良し。

極端な気がするな〜。予測が外れたらどうするんでしょう。
為替についての記述がないのも気になります。

ウォール街の敏腕ファンド・マネジャーらしいですが。

以下、勝間和代さんことムギさんの評
「大竹愼一氏のロジックをひとことで説明するのはとても難しいのですが、基本的にはマネタリアンです。投資について、マネーのフローの中からお金あまりが生じているのか、そうでないのかを分析し、さらに政局や選挙、経済予想からコンセンサスとは全く異なる視点から、かなりの確率で正しい予測を導きます。」
posted by 金時 at 20:40| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小富豪のための香港金融案内

フォトリーディング読書記3

香港上海銀行とシティバンク香港の口座開設の方法を記してある。

金融都市香港であるが、香港ドルを主にして取引するなら、
他のタックスヘイヴン諸国に口座開設するほうがいいかな。

posted by 金時 at 20:27| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

斎藤 一人「ツイてる!」

フォトリーディング読書記2

CDがグッド。

勉強って学びが必要なときにするってこと。

愛情があふれ出て、それをみんなに分けてあげる
ために、そういう状態でいるために自分に
「ツイてる!」って言うんだよ。


本では、

・最低でも誰からでも好かれる人になれ
・サラリーマンも「損して得をとる」

これって、まず自分から与えることなんだよね。


CDは100回聞いて、100回実践したら解る
簡単なことって、それって簡単じゃないよ。

どんな時も笑顔でいて、ツイてるって言うことは、
意外と難しいことなの。

だから、それが出来る人は幸せなんです。

CDは16分程度だから、毎日聞こうかな。
posted by 金時 at 07:23| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

私はどうして販売外交に成功したか

フォトリーディング読書記1

【24時間以内にあった良かった事】
図書館に本を返しにいけたこと&本を借りることができたこと
まんが歴史シリーズを借りてきた。歴史の勉強をするぞ!

【題名】私はどうして販売外交に成功したのか
【著者】フランク・ベトガー
【頁数】196
【目的】販売外交に成功する方法
【時間】30分
【感想】販売成功の秘訣は「できるだけたくさんの人に面会する」ことに尽きるということがわかりま

した。そのために人間力を高め、スキルを磨き、情熱をもってセールスに当たる必要があります。

ベンジャミン・フランクリンの13項目をセールス版に替えたのがこれ。
1 情熱
2 秩序 自分自身の行動を組織的にすること
3 他人の利害関係を考える
4 質問
5 中心問題
6 沈黙 相手の話を聞くこと
7 誠実 信用を得るに値することをする
8 自分の事業に関する知識
9 正しい知識と感謝
10 微笑 幸福感
11 人の名前と顔とを記憶すること
12 サービスと将来の見込みに対する予想
13 販売を取り決める 購買行動を起こさせる

元の版は、
節約、沈黙、秩序、決意、倹約、勤勉、誠実、正義、中庸、
清潔、平静、純潔、謙遜

販売力は人間力+多少のスキルだと思います。
posted by 金時 at 19:03| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

フォトリーディング

現在、フォトリーディングによる読書をしています。
フォトリーディングとは、写真を撮るように毎秒約1頁のスピードで
本を読んでいく手法で、情報処理のスピードを高める技術です。

要は、限られた時間で、目的をもって、概要を把握する技術と
なるでしょうか。

5ステップの手順で行います。

1 準備(目的を明確にし、リラックス)
2 予習(概観、査定し、本を読むか決定)
3 フォトリーディング(フォトフォーカス)
4 活性化(復習、マインドマップ)
5 高速リーディング(通し読み)

正式な手続きでは、結構時間がかかりますので、私は簡略化して
行っています。

・目次を見て、読む目的を決める。
・リラックス、集中してフォトフォーカス(毎秒約1頁のスピードで
頁をめくる)
・本の太字部分を通して読む
・気になる単語を抽出(100頁あたり6個程度)
・質問設定(6題)
・マインドマップ作成
・拾い読み

これを30分を目途に行います。
60分ほどかかることが多いですが・・・。

これで、目的に対する答を見つけ、終了となります。
読む目的が多数ある本であったら、その都度マインドマップを
作成すれば、知識が深まります。

本の読み方が変ったという意味で、それなりの効果があります。
ただし、フォトフォーカスは右脳に読み込ませ、潜在意識で効果を
発揮させるのですが、すぐすぐには実感できていません。

本をさっと読み始めることができるので、読書量は増えそうです。
読み方を変えるだけで、こんなに読書が簡単(けっして楽ではない
のですが)にできるので、早く習得しておけば良かったと思いました。



posted by 金時 at 20:45| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。