2006年10月20日

日本人の海外旅行行き先(2005年暦年)

(1)中国 339万人 (急上昇。そういえば上海馬券王先生など、しょっちゅう行き来しているぞ)
(2)韓国 224万人 (韓流ブームで一気に増加。安倍首相夫人も行っている?)
(3)ハワイ 152.2万人 (リピーター率が7割を越える観光旅行の王様)
(4)米国本土 140.6万人 (入国手続きが、もう少し緩やかになってくれれば・・・・)
(5)香港 121.1万人 (なおも百万人の大台維持はお見事)
(6)台湾 112.7万人 (台湾から日本への入国は127.4万人。何と!日台の人の流れは入超なのです)
(7)グァム 95.5万人 (3時間で行けるリゾート。健闘しています)
(8)豪州 68.5万人 (「行きたい外国」では常に人気上位なのに・・・・)
(9)シンガポール 58.8万人 (村上ファンドも御用達)
(10)タイ 53.9万人 (減りましたねえ。でもバンコクのリピーター率は驚異の80%とか。気持ちはよく分かります)

かんべえsanの不規則発言
2006.10.17より

溜池通信主宰かんべえさんの記事にでていたデータをコピペさしてもらいました。
おもしろいデータでしたので、記録も兼ねて保存させていただきます。
アジアや米国本土は納得ですが、ハワイ、グァム、タイそれに豪州に関しては、親日的というか人がいいから日本人も訪れたくなるのではないかと思いました。
ハワイやグァムの人はいつも陽気でニコニコしている気がします。もともと楽観的で陽気なのでしょう。タイの人もほほえみの似合う優しい人が多いです。豪州も欧米人とは明らかに違うと思いました。白人なのに穏やかだと思いました。偏見かもしれませんが。
考えてみるとこの4カ国に関してはすべて行ったことのある国なのでした。
posted by 金時 at 22:01| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

世界最大の金融機関:郵貯

郵便貯金(郵貯)は227兆円、簡易保険(簡保)は
120兆円で合計347兆円の資金を有する日本郵政公社
は世界最大の金融機関と言われる。
日本の個人金融資産1,400兆円の25%になる。
2004年の3月末の預貯金残高では、四大銀行グループ
(みずほ、三菱東京、三井住友、UFJ)すべてを合計
してようやく郵貯の残高を超すことができる。

posted by 金時 at 18:56| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

2006年度アメリカ予算教書

ブッシュ大統領は2月7日予算教書を議会へ提出。
歳出総額は2兆5,680億ドル(270兆円)で
日本の国家予算の3倍。前年度比で3.6%増。
財政赤字を5年で半減するための予算となった。
2005年度の財政赤字は4,270億ドル(45兆円)だが、
2009年度には2,330億ドルに減らす目標。
国防費は4.8%増、国土安全保障費は3.1%増。
posted by 金時 at 20:59| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

総合商社5社最高益

2004年4−12月期の連結決算はエネルギー高騰が
貢献して、大手6社中5社が過去最高の純利益を
達成。双日ホールディングスが2,389億円の純損失
となっている点に関しては、個人的にも気になります。

会社名 売上高(億円) 純損益(億円)
三菱商事 12兆5494 1212
三井物産 10兆1844 849
住友商事 7兆1370 763
伊藤忠商事 6兆9681 704
丸紅 5兆7168 347
双日 3兆4085 -2389
ホールディングス

(共同通信)
posted by 金時 at 20:41| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

2005年国連経済見通し

世界全体を3.25%と予測。原油価格などの高止まりの
影響で2004年推定値4.0%を下回り成長は鈍化する模様。

主要国の成長率は以下のとおり
国名 2004年(推定) 2005年
日本 3.6 1.75
米国 4.2 3.0
中国 9.2(政府発表9.5) 8.75
EU 2.3 2.25
ブラジル 5.2 4.0
インド 6.4 6.5

世界経済は依然、米国と中国に負うと予想される。

posted by 金時 at 17:58| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

中国GDP成長率9.5%

2004年の目標として中国政府が7%と設定した
成長率を軽く飛び越し2年連続の9%台成長。
今年度も8%程度の成長を目指すが、経済が
過熱しすぎないように1桁台後半の成長を続け
ていくのは依然難しい舵取りを要する模様。
2004年のGDP総額は13兆6515億元(約170兆円)
で、日本の1/3の規模であるが、輸出入総額では
1兆1000億ドルを超え日本を抜いて、世界経済
での存在感は一段と高まっている。
年間の消費者物価上昇率は3.9%。

・関連記事
中国経済を読む
posted by 金時 at 22:42| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

中国2005年のGDP成長率8%へ

投資主導から内需拡大への路線転換を進めて
GDP成長率8%ほどの安定的な経済成長を目指す
方針。
2004年度は引き締め政策により7%を目指した
が、9%を超える成長を達成。沿岸都市部と
内陸部の所得格差は依然として大きく、政府の
舵取りも難航される。

人民元の切り上げに関しても、沿岸部では割安
であっても内陸部では割高と2面性を有しており、
段階的な調整が見込まれる。
posted by 金時 at 18:30| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

株式売買、個人シェア3割に

1991年のバブル期以来13年ぶり
東京、大阪、名古屋の証券取引所の総売買代金
のうち、個人投資家の占める割合(個人シェア)
が3割りを超える見通し。

インターネット取引の拡大による

松井、イー・トレード、楽天などのネット証券
大手5社の合計口座数は昨年11月末で約150万。
一昨年末比で50万近くの増加。
松井は50万口座を超え、野村に迫る勢い。

個人投資家の売買代金シェアは98年には13.5%
まで低下。99年に30%近くまで上昇するも不況の
2001年には20%を割りこむ。
posted by 金時 at 21:32| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

歴代アメリカ大統領

代−名前−在任期間−政党−就任年齢
1 ワシントン 1789-97 なし 57
2 J・アダムズ 1797-1801 連邦 61
3 ジェファソン 1801-09 共和 57
4 マディソン 1809-17 共和 57
5 モンロー 1817-25 共和 58
6 J・Q・アダムズ 1825-29 国民共和 57
7 ジャクソン 1829-37 民主 61
8 バン・ビューレン 1837-41 民主 54
9 W・H・ハリソン 1841 ホイッグ 68
10 タイラー 1841-45 ホイッグ 51
11 ポーク 1845-49 民主 49
12 テイラー 1849-50 ホイッグ 64
13 フィルモア 1850-53 ホイッグ 50
14 ピアース 1853-57 民主 48
15 ブキャナン 1857-61 民主 65
16 リンカーン 1861-65 共和 52
17 A・ジョンソン 1865-69 民主 56
18 グラント 1869-77 共和 46
19 ヘイズ 1877-81 共和 54
20 ガーフィールド 1881 共和 49
21 アーサー 1881-85 共和 51
22 クリーブランド 1885-89 民主 47
23 B・ハリソン 1889-93 共和 55
24 クリーブランド 1893-97 民主 55
25 マッキンレー 1897-1901 共和 54
26 T・ルーズベルト 1901-09 共和 42
27 タフト 1909-13 共和 51
28 ウィルソン 1913-21 民主 56
29 ハーディング 1921-23 共和 55
30 クーリッジ 1923-29 共和 51
31 フーバー 1929-33 共和 54
32 F・ルーズベルト 1933-45 民主 51
33 トルーマン 1945-53 民主 60
34 アイゼンハワー 1953-61 共和 62
35 ケネディ 1961-63 民主 43
36 L・ジョンソン 1963-69 民主 55
37 ニクソン 1969-74 共和 56
38 フォード 1974-77 共和 61
39 カーター 1977-81 民主 52
40 レーガン 1981-89 共和 69
41 G・ブッシュ 1989-93 共和 64
42 クリントン 1993-2001 民主 46
43 G・W・ブッシュ 2001- 共和 54

アメリカ大統領の年収は40万ドル。
1ドル105円で換算すると4,200万円。
日本の総理大臣の年収は4,165万円。
posted by 金時 at 22:02| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

金融機関保有の国債増加

銀行や保険会社、日本銀行などの金融機関が
保有する日本国債の残高は500兆円を突破。

2004年9月末時点で503兆円(時価評価)
国債発行残高は587兆円
国内の民間銀行保有残高77兆円(20.7%)
最大金融機関「郵便貯金」は90兆円

日本銀行保有分は95兆円(2004年12月末)で
量的緩和導入前の2000年末の1.7倍

2005年度の政府の国債発行計画は約170兆円
posted by 金時 at 22:48| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

マンション価格

○1994年から10年経っても価格の下がらない立地
山手線内側の大半や主要駅から電車で10分程度のエリア
東急東横線と東急田園都市線
トップは小田急線代々木八幡駅の85.8%。
以下、東武東上線柳瀬川駅、京王線初台駅、JR中央線市ヶ谷駅
同千駄ヶ谷駅、都営三田線白金台駅、京浜急行線立会川駅、
都営新宿線住吉駅、東西線南砂町駅、東急東横線田園調布駅と
なっています。以上は約80%を維持しています。
資料:ヨミウリウィークリー 2004年6月27日号

○10年後マンション価格の下がらない街ランキング
マンション選びの重要なファクター、資産性を検証
資産価値の下がらないマンションとは
@ 交通アクセスが良い
A 管理がしっかりしている
B 建物としての質が良い
ことで、なかでも重要なのが立地、利便性。
ランキング100
田園調布、光が丘、品川、御嶽山、吉祥寺、月島、新浦安、
平井、若葉台、代官山、海浜幕張、篠崎、新宿、住吉、
西調布、板橋、平間、大塚、洗足、勝どき、東向島、千葉みなと、
目黒、国分寺、尻手、大崎、新富町、東府中、四ツ谷、小竹向原、
落合、南浦和、大森町、西国分寺、下落合、センター北、所沢、
西小山、麻布十番、大森、白楽、中野、恵比寿、北千住、初台、
宮崎台、祐天寺、北府中、根岸、三軒茶屋、
(以上50位:下落率12.9%まで)
幡ヶ谷、飯田橋、駒澤大学、駒込、三ノ輪、磯子、春日、
人形町、武蔵小山、鹿島田、矢口渡、本八幡、本蓮沼、
青砥、泉岳寺、中村橋、経堂、鷺沼、北池袋、豊洲、
水天宮前、富士見台、武蔵関、久我山、三鷹、笹塚、
西荻窪、下総中山、市ヶ谷、代々木、白金台、妙典、
中河原、新大塚、京急蒲田、入谷、国領、生田、六本木、
上野、池上、山手、不動前、東大島、渋谷、淵野辺、
青物横丁、南砂町、白山、都立大学
(以上100位:下落率15.9%まで)
1位の田園調布の1.8%は低い数値ですね。
お買い得度だと他に品川、新宿、新富町あたり。
他に高価格で高収益(新築価格÷賃料)
四ツ谷三丁目、月島、末広町、代官山、馬喰横山、
八丁堀、目黒、不動前、六本木、幡ヶ谷
低価格で優良収益
センター南、東向島、西調布、馬込沢、平井、
海浜幕張、淵野辺、磯子、南大塚、青砥
資料:ヨミウリウィークリー 2004年8月22−29日号

○「勝ち組」マンション
「買った方が得になる駅」
マンションを借りる賃料よりローン返済額の安い駅
住宅ローンは元利均等3%、35年返済で算出
新宿、品川、四ツ谷三丁目、馬喰町、新富町、代官山、
上野、月島、豊洲、田園調布、人形町、水天宮前、
入谷、田原町、春日、勝どき、東向島、大崎、浅草、
大森町、六本木、西調布、浅草橋、住吉、北千住、
大塚、平井、海浜幕張、目黒、八丁堀、新浦安、門前仲町、
新大塚、尾久、駒込、板橋区役所前、王子神谷、浜町、
恵比寿、吉祥寺、不動前、築地、飯田橋、落合、三ノ輪、
押上、磯子、幡ヶ谷、両国(以上50位まで一月あたり
33,000円以上ローン返済の方が安い。新宿は11万以上で
上位5位までは8万円以上の差。)
尻手、八広、目白、青砥、北池袋、淵野辺、京急久里浜、
馬込沢、池尻大橋、鹿島田、市ヶ谷、曳舟、白山、鶴見、
清澄白河、町田、下総中山、二子新地、篠崎、新丸子、
初台、大山、笹塚、南砂町、本蓮沼、五反野、南千住、
京急蒲田、三軒茶屋、本八幡、平間、日暮里、石神井公園、
南大塚、中野、麻布十番、浜松町、東銀座、生麦、池ノ上、
東大島、森下、町屋、高津、センター北、北綾瀬、
祐天寺、西巣鴨、谷塚(以上100位まで、一月あたり
22,000円以上ローン返済の方が安い。)
注意点:ローン金利が上がってしまうとこの利点も
薄れてしまうこと。
仙川、江ノ島、成城学園等高級住宅地は借りた方が安い。
本来、借りて住むというイメージのない地域は、賃料は
手頃でねらい目。まず、借りて住んでみて、街や物件を
気に入ったら購入するという手もある。
資料:ヨミウリウィークリー 2004年9月26日号
posted by 金時 at 17:25| Date Box | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。