2006年10月27日

Web2.0

次世代ウェブとも言えるWeb2.0。
それこそ「ウェブ進化論」梅田望夫著で新しいウェブの状況が紹介されてから普及しはじめたと思います。私はかんべえさんが紹介していましたし、反響の大きな本だったので5月の連休中に読みました。同じくかんべえさんのおすすめだったグーグルという本も併せて読みました。

従来の一方向のネット環境をWeb1.0とすると双方向、網の目状のつながりをWeb2.0と見ることもできます。.0の分だけ分かりづらくなっているような気がします。ウェブナンバー2とかウェブ2とかの方がなじみやすいのですが。

リアルな世界と対比するとその違いが際だちます。

(リアル)     (Web2.0)
中央集権      草の根民主主義
コア・ターゲット  ニッチ・ターゲット
囲い込み      開放
占有        共有

週間東洋経済参照


キーワードで見ますと
・グーグル
・ロングテール・・・アマゾン
・SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)・・・ミクシィ、グリー
あたりが、ピンとくる人が多いかと思います。

とにかく、ネット上で情報発信ができてみんなとつながって、その情報がさらにリンクしていく。そのリンクした情報も自動的に整理されて見ることができる。情報の分析方法が多種多様になっているので、いろいろな切り口で情報を整理すると興味深い結果を得ることも可能です。
1億対1億のつながりがイメージです。

世間の動向やマーケティング調査などでは、新たなステージへ移ったなと。重力の世界を脱して、無重力状態に入ったような段階といった感じがします。実際にこの考えを理解しようとすると私は、ちょっと独特な感覚になりワクワク感を覚えます。とはいっても実体経済への影響力というと、確かにミクシィやはてなといった新たな企業が躍進してはいますが、小の積み重ねですので、まだ大きな形としては現れていない気がします。

面白いのは、実体経済で活躍している人ほどWeb2.0を実感していないということです。確かにそういう人は忙しいし、リアルな世界での交流も盛んであるためです。若者や主婦などがメインプレーヤーとみてよさそうです。お金を稼ぐといってもアフィリエイトなども子供の小遣い程度が大多数で数十万円も稼ぐ人はまれのとのこと。

先も書きましたが、ニッチな世界において力を発揮することを考えると個人商店レベルでは、才覚を活かして全国展開も可能です。

ちなみにWeb2.0ツールの使い方の本がでているようです。本の題名もほぼ同じこの本、梅田望夫氏も執筆者の一人です。
posted by 金時 at 20:28| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

『即戦力の磨き方』大前研一

だいたい書いてあることはわかるんですが、あの歯切れの良い文章を読みたくて思わず新刊で 「即戦力の磨き方」を買ってしまいました。アマゾンで目次も見られますが、サラリーマンに必要な「三種の神器」、つまり語学力(英語)、財務力、問題解決力です。

21世紀のビジネス環境においては、日本企業の世界標準で運営していくことが求められ、その変化に気づかずにそして対応せずにいると置いていかれるといういつもの説から始まります。

特にパーソン・スペシフィック(人材次第)の時代になるという指摘には、普段教育云々言っている身としては考えさせられました。ビル・ゲイツのような人物を一人産み出した方が国として栄えていくということです。インドではそういう人材がどんどん育ち、国際企業を作り出しています。

日本は物価も給与水準も高いわけですが、平凡なサラリーマンの給与水準でも世界的に見ればかなり高く、単純な事務仕事では年収200万円となってしまうだろうと。

確かに今の子どもたちは、どうなのだろうかと考えてしまいます。特に今20歳代の人たちの考え方は、それまでの世代とは明らかに違っているようですが、その辺と経済的繁栄とはどのような関係になるのか気になるところです。さらにそれより下の世代はどうなのだろうかと。

というのも、今の若者(私も含め)は完全に親のスネかじりだからです。正社員でも給料はいつまでも安い。働いていない人はさらに。それに学生では車に携帯にと親が面倒を見る。ということは、親がいなくなったら・・・、親の資産をもらうのか?

自分も人間力アップについては、ずっと考えてそれなりに実行をしていますが、いろいろと時間がかかっています。大前氏のようにずばっと行きたいのですが、なかなかそうなりません。能力の差と認めてしまえば早いのですが、けっこうでっかい夢も見ていますので(笑)、少しずつは前進しています。

で具体的に英語力については、CNNなどを一日中かけっぱなしにしてひたすら聞くことに専念することだそうです。「英語耳」を鍛えよということ。なるほど、前にも伊藤サムさんの本でもそんなこと読んだけど続かない。問題は家族に迷惑がかかる、あと実際にうるさいんですよね。静かになりたいときもあると。でもがんばりましょう。ちょっと前に英語本のCDを買ってそれを通勤時に2回ほど聞きました。自己啓発もので内容の予測がつくので、半分くらいは理解ができる気がしました。それでもぼーとして聞き流しているところは、わからないというかただ音がながれていただけでした。日本語だと理解がはやいので半々で聞いたらいいのかとか思っています。

財務力については、家計のバランスシートを持てということ。これは投資を行う際の前提になりますのでよくわかります。お金がお金を生む仕組みを理解できれば、銀行や郵便局に預けっぱなしということにならないし、こんな低金利に甘んじる必要もないわけです。サラリーマンだったら金利に関する知識くらいはしっかり持って、自分の資産運用を考える必要はあります。1年2年では差がないでしょうが、20年30年となると大きな差になりますから、60歳以降の生活に差がでてくると思います。

問題解決力では、「思いつきを結論にするな」に納得です。企業参謀にもフローチャート入りで書いてありますが、しっかりと議論をできる方法を身につけたいですね。これはみんなですけど。とにかく、これができる人は私もあまり見たことがありません。もちろん私もこれができないのですが。せめて事実に基づいて議論したいと思っても実際私もしていません。このブログも完全に事実に基づいているとは言い難いので。

しかし、アメリカ流の世界標準は格好いいけど厳しい世界だとつくづく思います。私もそれだと一発で終わりになるでしょう。そうしたら、自分で商売でもやりたいと思っています。とにかくセールスをやって儲けていくのです。大変だろうけどうまくいけばそっちの方が金になりそうです。お金を生み出す方法は決して一つではないと思います。

普段、町を歩いていてもなんでこのお店が商売を続けられるのかを考えているのですが、持ち家の一角でやっていて、奥さんやおばあちゃんが趣味でやっている。主収入はお父さんが外で稼いでいる。実は土地をいっぱい持っていて不動産収入がたくさんあるので、やはりお店は趣味。何もストックや収入がない場合にはけっこう大変そうで、そういう店は店じまいをしていたりします。ゼロからのスタートは賃貸料もあり厳しく、しょぼくても残っている店は全部、不動産か別収入によると思っています。(関係ない話でしたが)

お金は絶対に必要なのですが、楽しく生きるという観点でいうといかにいい仲間とすごせるかも大事で、大前氏も最後にいい人生だったと言えるかどうかであると述べています。

あと家のことについては借りれば十分だということですが、妻曰くそれって男の人の考え方、ということです。たしかに経済的に考えると賃貸がいいわけですが、庭に木を植えたいとかになると別のようです。それだったら大前氏のとおり田舎にやすい物件を買い、都心にはアパートを借りて週末に楽しむというのがいいかもしれません。
posted by 金時 at 01:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

理想型を求めて

仕事ができる人は、時間がないとは言わないといわれます。どんなに忙しくても次々と人の何倍も仕事をこなし、自己研鑽に励みさらに遊びも充実して交友関係も広い。まったくうらやましい限りです。ということで、仕事は忙しいやつに頼めというのが定説です。

上を見すぎても仕方がないですが、自分は仕事以外に自己研鑽を積み…、子育てと家族の一員としての役割を果たす+睡眠時間を十分とるとなると時間がないっ、とあいなります。早起きしたらとなりますが、確かに早く寝ると早く目覚めるときもあるんですが、仕事のことを考えると体力温存のためにまた寝てしまったり。今は仕方ないんですがそんなことを考えています。

それと子供と過ごす時間が大切で、本音としては自分の時間を作りたいと思いながらそんなことばかりしていると子供の機嫌が悪くなってきて+子育てはとても大切なことなので良心の呵責に襲われてしまいます。ということで、それこそ一緒にいたり、空いた時間で勉強したり、疲れていれば休息したりとその時々でバランスをとることになっています。

集中して勉強していれば成果があるだろうな、と思いますが恐らく家庭に支障がでるでしょう。家族との楽しい時間を重視して子供とも遊んでいるとより幸せな家庭空間になるでしょうが、キャリアアップにつながらず将来の家計不安にもつながりかねません。

私は就職面接のときに仕事観を求められ、仕事、家庭、自分の3つのバランスをとりながら、らせん状にそれらを絡めて人間性を高めて仕事に活かしていきたいなどと抽象的なことを言っておりました。正にそんな状態を維持しながら歩む日々です。

自分の能力をわかっているだけに辛いところですが、今までの限界は超えなくてはなりませんし、超えられるはずなのでやるべきことをやっていくしかないわけです。結局は強い願望が道を拓いていると思います。その過程はそんなに格好いいものではないですが、そのお陰で今はそれなりにしあわせな階段をのぼっているところです。でも欲張りなもので、もっともっと自分の能力を高めて理想型に近づいていきたいと願っています。+そんな行動をとるように心がけています。

しかし、先週は忙しく、一山超えたらまた一山しているうちに一週間たってしまいました。こんなときには子どもに絵本や物語を読むのも癒しになります。

posted by 金時 at 11:59| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

雇用の地域間格差

かんべえさんがよく取り上げていますが、
2004年の平均有効求人倍率は、0.83倍です。
低いねと思われる方もいるかも知れませんが、
2003年は0.64倍、1999年には0.49倍でしたので
順調な回復をしています。
ところが、これを都道府県別に見ますと、
一番数値が高いのは愛知県(1.67倍)、その逆は
青森県(0.37倍)です。実に4倍の差となります。
愛知県は万博あり、中部国際空港のオープンありと
景気がいいそうです。
かんべえさんはこの地域間のアンバランスに関して、
労働需給のミスマッチと分析されています。
高度経済成長期には、集団就職等の人口移動が多く
ありましたが、今はそれが少なく地域格差が埋まりに
くいとのこと。

今でも田舎の若い人は就職がないから、県都もしくは
近くの政令指定都市や大都市圏へ出て行きます。
しかし、地方では一つの選択肢として景気のいい土地
への労働移住も視野に入ってくるかもしれません。
現在私が住んでいるところもどうやら、低倍率の一つ
です。確かにトヨタの期間従業員の募集を見かけます。
愛知への出稼ぎでしょうか。私は転勤族ですので、
地域の実情にはうといかもしれません。しかし、
ここは男も女も(女が、といった方がいいかも)
家族みんなで働いているので、貧しいという雰囲気は
私の見方ではあまりしません。派手な県民性とも
言われますが、実際そうなのでしょうが、我が家は
貧しく思えます。(笑)

以上のことから、動ける人は景気のいい地域へ
労働移住していくというのも一つの選択肢であると
考えられます。厳しい選択かもしれませんが、
違う場所へ行くと違った見方もできます。
海外へもいける人は一度は住んでみると良いのでは
ないでしょうか。私もそうしようと思っています。

posted by 金時 at 19:01| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

「架空取引」

「架空取引」マイケル・リドパス
週末に何もする気がおきなかったので、この本を
娯楽で読んでいました。小説を読むのは久しぶり。
あまり考え事もしたくない時には小説を読むのも
いいものです。本を読んだり、家族で買い物に
行ったりの週末でした。

英国の金融街シティを舞台にした金融サスペンス
で、登場人物は金融機関に勤める債権トレーダー
やセールスパーソン。
ロンドン・シティの若い債券とレーダーの主人公は
同僚から不審な取引について知らされますが、その
矢先に同僚が亡くなります。疑問を抱いた主人公は
独自に調査を開始。そこには巧妙に隠された国際
金融詐欺が・・・。

主人公ポール・マレーは元陸上競技800m走の
オリンピック銅メダリストで債権トレーダー。
冷徹であるが有能な上司ハミルトンの下で仕事に
熱中し、債権取引にも魅力を感じ始めています。
著者はロンドン・シティの債券トレーダーでした
ので、仕事の様子を描いている部分はリアルで
ほぼ現実的な描写なのだと思われます。
トレーダーの性格というか人種も実際こんな人
たちが働いているのだろうなと想像できます。
やはり記録に挑戦し勝負に懸けるスポーツと一緒
で、儲けを出すために一心不乱に突き進まなければ
蹴落とされてしまう厳しい世界なのでしょう。
同時に非常に知的で情報戦でもあり、
人間くさい仕事でもあるので、やっていける人には
刺激的な職業でもあると思われます。
大きなお金をかけた闘いの場は厳しいものです。
私は、小説で楽しんでいるのがいいようです。

posted by 金時 at 22:26| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

Who Moved My Cheese?を読んで

Who Moved My Cheese?という本を読みました。
邦訳では「チーズはどこへ消えた?」です。
1年ほど前にも読んでいますので、2回目になります。
英語の本(薄い本ですが)を読んだのは久しぶりです。
1年ほど簡単なものですが英語の本を読み漁っていた時の
ような勢いはありませんが、読みきりました。
内容は皆さんもご存知の方が多いと思いますが、
状況の変化に気づいてそれに合わせていかないと
置いてかれてしまいますよ。でも、変化に対応して
いければ大丈夫!という寓話なのですが…。
示唆に富んでいるということでベストセラーだった
ようです。

・Anticipate change
・Adopt to change quickly
・Enjoy change
・Be ready to change quickly, again and again

というのが、キーメッセージになりますが、
読んでも響かない人も多いと感じています。
また、私もそうかもしれませんが、わかったつもりで
いても自分も実は変化に対応できなくなっている。
予期せぬ悪い結果が出た時だけ人はそのことに
きづくのだと思います。ですから、そのことが
おきない限りは気づかないでしょう。
もちろん先を見通せる人は、自分で変化に対応
しています。どんな時代でもやっていける人は
そういう人なのです。もしかしたら状況の変化より
自分が先に変わって対応しているのでしょうね。

今のように変化の激しい時代は、それに対応できない
人には厳しい時代ですが、先を見通せて変わって
いける人には又とないチャンスの時であるようです。
みんな頭でわかって行動に移せないというのが、
現状でしょうか。そういうのは、わかっていないとも
言えるのでしょう。(自己反省も込めて)

もちろん今が充実していれば当然わざわざ変わる
必要もありませんね。自分の中の価値基準に基づく
ものであるからです。
私もそんなことをずっと考えながら仕事をして
きました。


posted by 金時 at 21:20| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

仕事について考える

資産設計を考える上でポートフォリオの中心は
仕事といいました。また、先日はライフワーク
について、好きなことを仕事にするという考え方
を示しました。

今の自分を受け入れた上で、更に何が好きなのか
どのように生きていきたいのか、を考え
それが仕事にどう結びついていくかを日々意識
して過ごしていくことが第一歩になります。
お金を稼ぐことは主目的ですが、ここでは
結果として捕らえたいと思います。
第一義的には目的ではなく結果です。
最終的にそれが安定した収入や、場合によっては
大きな収入へとつながっていきます。

人生の大部分を占める仕事では好きな事をやって
いかないと人生における時間の無駄遣いに
なってしまう恐れがあるのです。
また、安定的にみんなが豊かになっていく社会
では、特に自問自答しなくてもそれなりに
収入も増えて生きていく事ができたと思います。
しかしこれからは、X−Y座標上の分類のように
生き方や仕事の仕方がはっきりと分かれてきて
いるようです。別にこれは悲観することでは
ありません。機会が増えたと考えると良いと
思いますが、ある事象上にいる人にとっては
つらい時代でもあります。ある意味で、差別化
が始まっていると見ることが出来るのです。

簡単な分類ですと
@好きな事をしてたくさん稼ぐ人
A好きな事をして少しだけ稼ぐ人
B嫌いな事をして少しだけ稼ぐ人
C嫌いな事をしてたくさん稼ぐ人
となります。
縦横に十字に線を引いて、横線をX軸、縦線をY軸
として、右上から第1事象、つまり@で、時計周りに
A、B、Cとなります。
X軸が好き嫌い(右つまり+が好き)で
Y軸が稼ぎ具合(上つまり+がたくさん稼ぐ)です。
X,Y軸が交わるところ、つまり中心点0から第1事象@
(右上)にどんどん進んでいけるといいわけです。
しかし、最初から順調にY軸方向へは伸びていかない
かもしれません。その間はX軸をプラスにしていく時
です。
まずは考えることから始まります。
posted by 金時 at 19:47| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

ライフワーク

本田健さんの著作に「ライフワークで豊かに生きる」
という本があります。
自分の好きな仕事をしていきましょう、ということを
紹介している本ですが、とても癒される本です。
サラリーマンや商売で日常が追われ、それが
好きなことであればそれは幸せですが、
日々疑問を感じながら生活のために、とか
他に別に好きなこともないし、と考えている方は
意外と多いのではないでしょうか。
そこまで深く考えていなくても、生きていくって
そんなもん、みたいな感じの人も多いのでは。

本田健さんは率直に「好きな仕事をやりましょう」と
言ってくれます。それは、お金をもらわなくても
いいくらい楽しい仕事をするということです。
そんなのないよ。確かにそうです。
すぐには見つからないかもしれません。
でも、そこがスタートです。まず、今の自分を
知り、受け入れることが前提なのです。
posted by 金時 at 14:29| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

サラリーマンの宿命

サラリーマンはどこかの会社に勤め
働いた成果として給料をもらいます。
成果といっても営業職で歩合がつくのでは
なければ、同期では同じような給料で
推移していきます。
時間も朝9時ごろから夕方6時ごろまでは
基本的な拘束時間となり、さらに残業が
加わります。定時で仕事を終えることが
できたとしても9時間の拘束(昼休み含む)に
加え通勤時間が往復で3時間かかるとすると
12時間。1日24時間の半分を仕事に使うことに
なります。残りの12時間のうち7時間睡眠を
とると5時間が自分の時間です。この中には
当然、朝、夕の食事、お風呂に関することも
含まれます。時間が無い?
残業する人は5時間が更に削られてしまうのです。
ということで、サラリーマンは時間を切り売り
することで給料をもらっているのです。
→でも、働かなくては食べていけないし
仕方ないんじゃない。←そうですね。

(つづく)
posted by 金時 at 14:13| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

就職の動機づけ

仕事とは生活の糧を得るための手段である。
でも、どうせ生きていくためにお金を稼ぐなら
「少しでも」「なるべく」好きな事をやろう。
これが私の就職した時の動機付けでした。

いかにももっともらしいのですが、でも、
就職先を探してきて「気に入った業界の」
「好みの会社」を選び、採用されたので縁があって
就職したのが現状です。なんか逆説的?

20代の間はあらゆる仕事を覚えようと
貪欲に頑張り、優秀な上司や先輩を見ては
ああゆうふうになろうと目標にし、そうでなければ
反面教師にして走り続けてきました。
と同時に自分の市場での価値はなどと
生意気な事を考えながら過ごしていました。

まじめです。組織の中の歯車のひとつとして
頑張る。歯車とよく否定されますが、歯車の
一つもできなければ他のことなどできないよって。

先日も書きましたが、ライブドアの堀江社長のように
若く殻稀有な才能を持っている人は別ですが、
普通の人は20代を経験してから「世間」を知り
ようやく社会人としての常識的な感覚を身につける
ように思います。私もそうでした。

(つづく)
posted by 金時 at 19:28| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。