2005年11月27日

ブックベストセラーズ051121

@白石昌則ら著「生協の白石さん」(講談社・1000円)

Aリリー・フランキー著「東京タワー」(扶桑社・1575円)

B三浦展著「下流社会」(光文社新書・819円)

C竹内一郎著「人は見た目が9割」(新潮新書・714円)

D山田真哉著「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」(光文社新書・735円)

E高橋登史朗著「入門Ajax」(ソフトバンククリエイティブ・2499円)

F羽生善治著「決断力」(角川oneテーマ21・720円)

G藤原正彦著「国家の品格」(新潮新書・714円)

H小林信也著「小伝空手の発想」(光文社新書・735円)

I西尾維新著「ネコソギラジカル(下)」(講談社ノベルズ・1134円)


(ジュンク堂池袋本店調べ)
「生協の白石さん」トップ。「東京タワー」も順調。
「下流社会」と「国家の品格」は伊藤洋一さんもラジオ日経で取り上げた作品。
「さおだけ」と「決断力」もブーム続く。
「ネコソギラジカル」も強し。
全般的に手頃な新書多し。
posted by 金時 at 18:43| ブックベストセラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。