2008年02月17日

読書雑記080217

オプション取引に関する本をちらちらと読んでいました。

増田丞美著「オプション売買入門」と「オプション売買の実践」
相場の上げ下げの流れで取引をします。オプションは権利です。
保険に例えられるというか、一種の保険でしょうか。
実際の売買では過去の統計を整理して、日々の記録をとり
決めたルールにそって取引をします。

スタバのグランデ本で一気に有名になった吉本佳生さんの
昔の本にもオプション紙飛行機理論があったし、藤巻健史さんの
金融本にもあったし、金融工学系の本にはだいたいのっているの
ですが、しっかりと理解し切れていません。本を読んで
なるほどという程度。

林輝太郎さんの商品相場で特徴的なサヤトリでもいいのですが、
何か相場の上げ下げに一喜一憂しないトレーディング技術を
身につけて実践してみたいと思います。
posted by 金時 at 13:53| dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。