2008年02月17日

東京の住みやすい場所

雑誌プレジデントの2008年3月3日号は土地・マンション特集
でした。不動産に関する情報満載でお買い得の一冊、650円。

・大前研一氏「08年大乱時代の買い方、住み方」
あなたと家族が豊かな住環境を手にするための4条件
1 家や住宅に対する考え方
  「終の住みか」という発想を捨てる。
  ライフスタイルによって、適した住宅は異なる。
2 「持ち家信仰」×
  賃貸でもいいのでは。首都圏でも土地はまだまだある。
  あせって買う必要なし。
3 「テーラーメイド」×
  広さに応じて、誰もが住みやすい標準的な間取りにする。
4 ロケーション
  周辺にどんな人が住んでいるとか、ソフトの部分が大切
  街のカルチャーです。
  不動産は1にも2にも3にも立地なので、これは当然のこと
要は、今、東京では買い時ではない、価格はまだ下がると。
あとライフスタイルに応じて家を住み替える点でしょうか。
アメリカを例に、住宅もステップアップしていくことが紹介
されていますが、それは住宅価格が値上がりすることを前提に
していることです。今の日本ではそれは無理なので、その部分に
説得力がないし、その仮定がなりたたないと家を住み替えて
生涯5件の家を購入することもできません。
4条件の考え方も当たり前のことです。参考にはなりますが。

で、全国地域ランキングなる調査ではいい街を紹介しています。
東京では、中央区、港区、千代田区、文京区あたり、これも当然。
しかも地価も滅茶苦茶高い。

ここは、住宅地で穴場を見つけたく、それに該当するのが
和光市(埼玉、しかし東京に接している)と府中市(東京)。
住民や市役所の意識が高いのがポイント。しかも本当の金持ちは
少ない。それが庶民にとってはいいわけです。庶民の暮らしやす
い街ってことです。だから本当の金持ちは都心へどうぞ。笑
ついでに、浦安市、鎌倉市や湘南地域などもいいようです。

アンケートによる東京の街、住みやすさランキングも参考に
なります。生活満足偏差値で40の市区をランキング。
上位には、武蔵野市、府中市、三鷹市、文京区があります。
武蔵野市は吉祥寺を抱えており利便性がよい。

府中市は前述のとおり公共サービスが○。ダストボックスを
1万箇所以上に設置して市民は24時間無料でゴミを出せる、
ゴミ先進地でもあります。自分の府中に対するイメージは
刑務所しか知らず、悪かったのですが、地図で見て納得。
立地は良くないのですが、東芝やNECといった工場に
競馬場や競艇もあり、地元にお金が落ちる仕組みになって
いるみたいです。市の財政を調べたわけではないですが、
キャッシュリッチな市なのでしょう。だから公共サービスも
よい。もちろん、お金だけで解決するわけではないので、
行政や住民の意識が高いというのは住んで安心な街となります。

三鷹市は、交通の利便性のよさ。
文京区は、学区のよさがポイント。

ワーストは足立区、葛飾区、東村山市。
治安の悪さとゴミ処理場などの生活環境の悪さがあがっています。

ほか、マンション購入や賃貸のポイントなど保存版の雑誌に
なりました。別にすぐ家を買うつもりもありませんが、不動産に
興味があるので、ついついこの手の情報には接してしまいます。

住む場所も一度、現状をリセットして考えることも大切かと
思います。住み慣れた街だから、子供が転校するのはかわいそう、
など事情はいろいろありますが、街の様子などやサービスは
異なりますので、比較してみるのもいいですね。





  
posted by 金時 at 12:13| お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。