2008年02月03日

週刊朝日080208

レストランでちょっと見てみたら面白い記事が。

20%という株価の急落に対して、お金をどう運用するか。
多くの識者に対するインタビューです。

・藤巻健史さん
空売りして価格が急落したところで買い戻すグループがいると。
政府系ファンドは、株価が下がったところを絶好の買い場と
底値を狙っている。今は余剰資金の持ち手が債券など安全資産へ
資産を逃避しているので、また株が日の目を見ると。
それは、日米の株式。最近、見方は変わっていません。
藤巻さんは、どのアセットに投資するかを重視していく投資家
なので、言うことを鵜呑みにしていては、元本が大きく毀損する
こともあるでしょう。うまく当たってそれにのれれば、
大もうけ(笑)人の言うことだけの判断で投資をしては
ずっとうまくはいきません。藤巻さんもそう言っています。

・堀紘一さん
骨太です。この方は。いつも言っていることは、自分への投資を
行い。自分が稼げる人間になること。自分が最大の価値になるべき
なのです。堀さんの主張は一貫して変わりません。
若者が100万、200万円ほどのお金を運用して何になると。
百倍になるならいざ知らず、数倍程度なら何になると。
それなら、そのお金を自分に投資する。本を読む、旅行に行く。
そして視野を広げる。自分の価値を高めると。
それがそれこそ、10倍、100倍のリターンとなる。
今の若者が外国にも行きたくない。人と関わりたくない。
自分の部屋でのんびりまったりがいい。などということを
やっていては、国際競争力が落ちてしまう。
そのとおりだと思います。でも、それでもいいのではないかと
自分は考えてしまいます。〜せねばならないということは
ないのでは。日本の国力が落ちても、経済力が落ちても
人的資源のレベルが下がっても別にそれが、日本にとって
心地よいならいいのでは。年寄りが増えて若者は覇気がない。
そのときはそれなりの方法をとらないといけないのですから。
日本が駄目だったら海外に新天地を求めたらいいと思うのは
ちょっと無責任ですが、自分の生活は自分で守るのが基本
と考えるからです。
セーフティーネットはもちろん別ですが。
現在の日本のこの閉塞感がいけないのです。これは文化なの
でしょうか。成熟したゆえの必然なのでしょうか。
まだまだ、日本人は学びが足りないと思うのは、本当に
困っていないからだと思います。人は強制できないし、
自覚しないと学べないので。もちろん一生涯学べない人もいます。
それは仕方のないことです。

・勝間和代さん
それでも銀行にお金を預けるな。銀行に預金しておくことは
機会損失であると。株価の20%程度の下落など長い目で見たら
起こりうること。ここ数年だって株価が2倍になったのだから
じたばたしないこと。お金に稼いでもらうメンタリティーを
持つことが大切。同感。

他にもいましたが、しっかりとエコ生活を行い節約する派と
ローンを低金利のものに借り替えるなど実践的なアドバイス。

結構、まったりと読んでしまいました。
朝日はあまり好きじゃないけど、たまにいい記事もあります。
朝日新聞は記事が批判的すぎるから読みたくないけど、
日本人の世論を知るにはいいと(笑)





posted by 金時 at 18:57| dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。