2005年09月02日

駒大苫小牧の優勝にアダ

現代高校野球史上初の夏の甲子園大会2連覇を達成した北海道代表駒大苫小牧高校。
でありますが、野球部長の暴力が明るみに出て、あ〜やっぱり、と残念な気持ちです。
甲子園を辞退した高知の明徳義塾高校との処分の差は、生徒がやったか、指導者だったかによります。高野連の苦悩も明らかでした。みんな処分したら強豪校は軒並み該当してしまうということにもなりかねません。

技術が高くて強いチームを作ることもいいのですが、暴力や閉鎖的な先輩後輩関係を伴うことで、常識的な人間関係を犠牲にする部活動には私は首を傾げます。そうしないと強くなれないと思う人(生徒や親、監督や学校経営者)が集うのが現実なのでしょうが。

駒大苫小牧は監督からして、とても優勝校の監督のような百戦錬磨の将(悪く言うとタヌキおやじ)の雰囲気も無く、どんな指導法なのかなと思っていたのですが残念です。

中学、高校における運動部の部活動における現状は自分の経験上からも納得できません。
無難と思われるところが多いのでしょうが、強い部は根性主義的であったり、弱い部も根性でもって、さらに戦術もなかったりと。適度に運動をするためならば、スポーツジムのノウハウを見習うべきでしょう。学校の体育との差は一体何なのでしょうか。子供には運動部には入れたくないなと今のところ思っています。

とにかく、野球で言えばチームを強くするためにも非社会的なことを伴ってはいけません。強ければそんなことを当たり前と思う生徒を育てるのもね〜。今はそんな時代じゃないと思いますが、こんなこと考える軟弱な精神(?)では笑われてしまうのかもしれません。もちろん、これは皮肉ですが。

心に余裕を持ちながら楽しい時を過ごし、好きなことを見つけて熱中できる。そんなふうに過ごしてもらいたいです。子供には。




posted by 金時 at 21:30| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。