2005年08月18日

政治・経済の熱い夏

郵政法案が参議院で否決され、小泉首相が衆議院を解散し、政界は熱い夏を迎えました。小泉政権に押さえ込まれていた主に自民党の旧来型議員の欲求不満が相当たまった結果、参議院の議員と団結したというところでしょうか。参議院の議員はいいですが、衆議院の議員さんはたまったものではなかったでしょう。それでも、まさか解散までと思っていたでしょうか。小泉首相ならやるのはわかっていましたが。

とうとう新党まで発足しましたが、綿貫氏や亀井氏はいいとしてそれにくっついていった人は悲劇です。見通しは暗いのに落選までしては、身の保障がなくなります。造反組に対して自民党が対抗馬を擁立していますが、当然のことです。それをして民主主義の危機だとか、きたないなどとはよもや言えまいでしょう。その辺の老獪さは自民党の伝統なのに、自分たちがやられたらたまったものではないと言っているのです。あの方たちは今後、戦えば戦うほど勢力を縮小していきます。逆説的ですが、旧来勢力を追い払うのに良い方法は、今回民主党が勝って政権をとるが意見がまとまらず、政権運営がままならず近いうちに再度解散総選挙という構図です。こうすると古参者は淘汰され、構造改革が進んでいくというものです。あまり政界が不安定なのも国民にとってもよろしくないので、今回は小泉続投路線が妥当なところであり、そう予想されています。あまりにも既定路線だとあと3週間あまり、かえって何かありそうな気もします。

景気は長い踊り場を脱して企業業績も良いことから、株価は順調です。為替も外国人の日本買いから円高ですが、円高を狙って国内勢力がドル買い投資をしている模様でドルも底堅い動きをしています。110円を切ったところで私もアクションを少し起こしました。とにかく為替は読めません。105円くらいまで上がるかもしれませんし、117円くらいまで下がるかもしれません。大方の見方は円安ですが、円高が続くかもしれません。為替王さんの分析だと2002年以来の円高派トレンドが転換して中長期では円安となっています。藤巻健史さんはだいぶ前から円安派です。為替は要注意です。本来なら経済が強ければ通貨は強くなります。また、金利が低ければ通貨は弱くなります。日本の動きはこの経済的な見方とは異なる動きをしているとしか思えません。エコノミストの方の分析ももっともらしく聞こえますが、予想にはあまり適さないことが多いようです。

経済に対しても大きな流れで、どのように動いていくのか観察しておくとよいと思います。ここ数年はいい循環で動いていきそうなので、ちょっと安心しています(不安定よりはいいかなという程度ですが)。
posted by 金時 at 20:29| 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。