2005年07月01日

20代のマネー術

アエラのネット記事での特集で「20代のマネー術」というのがありました。
若いうちから貯蓄に励み年間100万円、人によっては200万円貯めていく様が描かれています。
若いうちから節約に励むのはいいことです。

お金を貯める方程式は、
収入−支出+(貯蓄×運用率)ですので、
方法としては、@収入を増やす、A支出を減らす、B貯めたものを運用して増やす、ことになります。

収入が増えないなら、支出を減らして貯めるしかありません。
次にある程度貯まったものを運用して増やします(減らすのではありません)。
これは長期的なものです。節約して貯めるのも、運用も長期的な視野にたって行う必要があります。
年間100万円ずつ貯めれば、10年間で1000万円。
そのうち半分運用にまわせば500万円は投資元金となりますが、毎年50万円ずつ5%で複利運用していくと500万円が660万円になります。
そうすると元本保証の預貯金500万円+660万円で、1000万円は1160万円と16%を運用で稼いだことになります。
ここでは詳述しませんが、運用に当たってはリターンよりまずリスクを考えることが大切です。10万円あれば、投資信託を1万円ずつ10本買えますので、国内外の株式と債権に分散すれば、リスクを考慮したリターンを狙えると思います。

posted by 金時 at 20:02| お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。