2007年06月20日

茅ヶ崎方式英語会

英語学習を継続的に行うために、英語スクールを探したところ
地元では、茅ヶ崎方式というスクールがあることを知り、
5月から通学を始めました。

当初、会話にするかToeic のような対策にするか、悩みましたが
総合的な英語力を上げるにはまず、インプットが大切と考え
語彙力、聴解力に主眼を置いている茅ヶ崎方式を選択しました。

年間40回、時間は90分。最初30分程度はテキストの確認と
単語テストを行い、残り60分でNHKの英語ニュースを2本聞き取ります。
1本約1分ちょっとのニュースです。

まず、ノーマルスピードで1回、スロースピードで3回聞いた後、
5パラグラフを一人1パラずつ訳していきます。
ポイントは、訳すときに逐語訳をすることです。概要のみ言っては
いけません。細かいところまでしっかりと訳します。

聞き取れていない部分は再度、聞かせてくれますので、その部分は
強く記憶に残ります。

全部終わったら、英語と日本語のプリントが配られますので、
確認しながら、テープに合わせて音読。
さらに時間があれば、シャドーイングを一人1パラずつ行います。

テープについては、授業終了後、ダビングできるので、それを
家や通勤中に何度も聞いて耳を慣らします。特に聞き取れなかった
ところは大切です。

これだけでも、いいペースメーカーになっています。
勉強を継続するために、スクールに通うというのは、お金がかかり
ますが、やらないでいるうちに時間が経ってしまうよりはいいかも
しれません。

自分でできるにこしたことはないですが・・・。
でも、最近そういう考え方は止めました。必要なことには、投資を
惜しまない方が、結果は早く出せるんだと実感しています。
posted by 金時 at 20:14| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。