2007年06月18日

フォトリーディング

現在、フォトリーディングによる読書をしています。
フォトリーディングとは、写真を撮るように毎秒約1頁のスピードで
本を読んでいく手法で、情報処理のスピードを高める技術です。

要は、限られた時間で、目的をもって、概要を把握する技術と
なるでしょうか。

5ステップの手順で行います。

1 準備(目的を明確にし、リラックス)
2 予習(概観、査定し、本を読むか決定)
3 フォトリーディング(フォトフォーカス)
4 活性化(復習、マインドマップ)
5 高速リーディング(通し読み)

正式な手続きでは、結構時間がかかりますので、私は簡略化して
行っています。

・目次を見て、読む目的を決める。
・リラックス、集中してフォトフォーカス(毎秒約1頁のスピードで
頁をめくる)
・本の太字部分を通して読む
・気になる単語を抽出(100頁あたり6個程度)
・質問設定(6題)
・マインドマップ作成
・拾い読み

これを30分を目途に行います。
60分ほどかかることが多いですが・・・。

これで、目的に対する答を見つけ、終了となります。
読む目的が多数ある本であったら、その都度マインドマップを
作成すれば、知識が深まります。

本の読み方が変ったという意味で、それなりの効果があります。
ただし、フォトフォーカスは右脳に読み込ませ、潜在意識で効果を
発揮させるのですが、すぐすぐには実感できていません。

本をさっと読み始めることができるので、読書量は増えそうです。
読み方を変えるだけで、こんなに読書が簡単(けっして楽ではない
のですが)にできるので、早く習得しておけば良かったと思いました。



posted by 金時 at 20:45| フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。