2005年06月20日

ブッシュ大統領の英語

ホワイトハウスのHPに、ブッシュ大統領のラジオ演説があります。これは、音声を聞くことができるとともにトランスクリプト(読み上げ英文のテキスト)も見られるので、公式な英語の最良の教材になります。6月18日の演説では、米国の経済状況と対テロについての話題で、時間も4分程度と手頃です。テレビ演説のときよりは、やや早口ですが聞き取りやすいです。パパブッシュ、クリントンそしてジョージ・W・ブッシュと大統領の発音はとてもいいと思います。ルックスがいいだけではなく声の良さも大統領の条件なのでしょう。朗読も非常に流暢で、一部で大げさに批判(バカに)されていることに関しては、常識的に考えて首をひねります。

同じくホワイトハウスのHPではスコット・マクラレン報道官が毎日のようにブリーフィング(政策の要点説明)を行っており、こちらも音声とスクリプトがあります。
今や英語教材には事欠きません。
ホワイトハウス・ラジオへのリンクはトップページ左サイド「お気に入り」に掲載しています。
posted by 金時 at 22:23| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。