2005年05月25日

100億円長者

先日、お金に関しては株で100億円儲けた人の
話ではないと聞く価値がない、というQさんの
コメントを書きましたが、今年の長者番付1位は、
1年でそれをクリヤしていました。
マスコミやブログ等でも話題になっております
が、タワー投資顧問という業界では有名な会社
で、中小型株のロング・ショートのポジションを
とっている方です。割安で株価上昇が見込まれる
銘柄を買い、その逆を空売りする手法で、
当たれば利益が大きく、その逆だと損失も大きい
取引です。ヘッジファンドも多用する取引ですが、
ノーベル賞経済学者を要したLTCMもこれで
レバレッジを掛けすぎてこけたようです。

長者さんは、
手堅い仕事師のようですが、日常生活でも派手
さがないとのこと。比較の問題でしょうか。
賃貸で車も持っていないとか。都心に住むなら
賃貸マンションがいいし、車も要らないでしょう。

ちなみに先日のテレビで上海の賃貸住宅に住む
日本人の生活ぶりが紹介されていましたが、
とても豪華でした。ホテルの敷地内にあり、
その賃貸もホテルみたいで、約90坪(280平米)
にダイニング、リビングの部屋を中心に4ベッド
ルーム。家具やベッドも全て備え付け。
掃除も週2日入ってくれて全て賃貸料込み。
こんな生活もあるのか〜、といいイメージが
できました。夫婦2人で住んでいるそうで、
奥さんは週末に東京へ来てテレビの仕事を
しています。クイズアタック25の出題アナウ
ンサー(笑)。

閑話休題。
外資系投資会社はチームを組んでいても、
成果(ウン十億円)を上司がほぼ総取りして、
残り(億円)をまずまず働いた社員に分配し、
普通の社員には普通にウン百万円配ってと
なかなか厳しい実情があるようです。
一方、日本の機関投資家の投資部門は、
サラリーマン的運用をしてしまい、年金や生保
等の国民の虎の子が上手く運用されていないとか。
もう一つの年金問題などと言われています。

億単位のお金を稼ぐ話ばかりはやされますが、
現実的にはサラリーマンは数百万円のお金を
稼ぐのにあくせく働き、個人や家族の生活を
それで一生懸命養っています。その仕事ですら
簡単には見つからない状況です。
(少しは雇用状況が改善しているようですが。)

新聞の高校生の投書欄に、サラリーマンは
みんな同じ格好をして、夏には汗臭そうで
ダサい、と書いてありました。また、スーツで
自転車乗っている人はみっともないと・・・。
私のまわりにもそういう人多いんだけど・・・。
多感な高校生から見るとそうかもな〜、なんて
思ってしまいました。ジャガーで通勤だって。
こんな偏狭な考えを是認もしませんが、
説教する気にもなれません。いずれ自分も
わかるでしょうし、わかりたくなければ、
好きな事をすればいいのです。
しかし、若い感性はそんなもんなんですね。
妙に大人が煙ったく感じる年頃。
まあ、私はスーツ着るのが好きですし、
みんな紺色ばかりと揶揄されても、紺が格好
いいと思うのです。

夢を持って、好きな仕事を続けていけるのが、
いいですね。能力とか適性とか基準は色々あり
ますが、見ていると粘り勝ちというか、人一倍
強い願望を持っている人が、最後にはそれなり
の夢をかなえているように思えます。

posted by 金時 at 21:02| お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。