2006年10月29日

薄型テレビ(液晶?or プラズマ?)

知人より薄型テレビは液晶とかプラズマとかあるけど、何がいいのという素朴な質問があり調べることに。以前はこういったことは家電量販店などで定員に聞いていたかもしれませんが、今は手っ取り早くネットで調べる。

単純な答えならすぐに調べられます。用語の意味から始まり性能を(あまりよくわからないけど)確認し、最後にどこのメーカーのどの製品が売れ筋かを調べます。

今回は私が買うわけではないので、低価格の比較は行いませんが平均価格を調べ教えてあげることにしました。お相手さんは新聞折り込み広告で当たりはつけていました。それでも基礎知識を持って話をすれば自分も安心なので、一件落着。

で、薄型テレビとはフラットパネルディスプレイを使ったテレビのこと。そのとおりです。
ブラウン管に比べるとまだ高価ですが、もう国内ではブラウン管テレビの製造は終了しているので、今後は地上デジタル対応の薄型テレビを買うことになります。

薄型テレビの主流が液晶とプラズマになるわけですが、簡単にわけると
・今までのテレビと同じように使うなら液晶
・部屋を暗くしてホームシアターのように映画をみるならプラズマ
となるようです。

つまり、庶民は液晶という理解でよいとネットで調べた限り思います。プラズマはアッパークラスの人が専用の部屋でホームシアターにするときに設置、庶民には高嶺の花でしょうか。

価格は、双方そうかわらず、消費電力も液晶が有利となっているようですが、今はあまり変わらないとの情報もあります。あとは液晶は小さいサイズからありますが、プラズマは大画面が中心。明るいところでは液晶の写りが良いようですが、映像そのものはプラズマの方が質が上になります。

売れ筋は、液晶がシャープのAQUOS(アクオス)、プラズマがパナソニックのVIERA(ビエラ)です。ちがっていたらすいません。(笑)

特に機械類に詳しいわけでありませんが、なぜかその手のことを聞かれます。知らなくても調べて導入部を教えてあげて、あとはお店で聞いてねということにしています。
posted by 金時 at 20:12| マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。