2006年10月26日

デジタルビデオカメラ

過日、慶事でグァムに行きました。その際に新しいデジタルビデオカメラを買うことに。我が家にも親戚からいただいたHi8のビデオカメラがありましたが、調子が悪くなってきてきれいに撮れなくなりましたので新調しました。

その後、パソコンも調子が悪くなりと精密機器の買い換え時期がやってきてしまったようです。

デジタルビデオカメラなど買ったこともなかったので、調べることから始めました。
・デジタルビデオカセット
・DVD
・HDD
の3種類あり、さらにハイビジョンデジタルの機種が出始めていました。

・デジタルビデオカセット
結局これを買うのですが、長所は手間がかからないことと小型であること。カセットにどんどん撮っていけばよいことから初心者向き。カセットは劣化しますが、パソコンやDVDレコーダーでDVDディスクに保存していけば問題なさそうです。

・DVD
衝撃に弱いのと頭出しが難しい。カセットでもあとでDVDにコピーすればよいのでデジタル記録のメリットが薄れます。

・HDD
メモリの関係からマメに別のHDDに保存しないとなりません。また、高価でもあります。

ハイビジョンデジタルの機種はまだ高価なため見送りました。ハイビジョンテレビに移行していく中で、ハイビジョン映像で記録しておいた方が後々いいわけです。特に赤ちゃんのきめ細やかな肌などは・・・というふれ込みですが価格が6割増になりますので2台目の検討としたいです。とはいっても1台でも数年は保つ物ですので判断の難しいところではあります。

あとはネットのランキングから人気機種を割り出し、安いショップを見つけます。
今回の機種は3CCDというプロ使用のカメラで一昔前だと20万円以上したそうです。技術の進歩には目を見張るものがあります。

こと機械ものに関しては、最新機種をまず買うグループ(先駆者)、それに次ぐグループ(準先駆者:若者)、次に大衆グループ(ほぼ普及)、後発者、残りはテクノアレルギーくらい分けられるでしょうが、私は後発者の部類に属します。ほぼ普及でも満足せず商品に対する費用対効果が相当良くならないと動きません。しかしこれだと商品の使用機会を逸していることにもなります。難しいところです。

今回買った機種はパナソニックデジカム300です。小型で女性に人気ということで確かに小さいので、片手で楽に持てます。口コミ情報でも評判も良く価格も手ごろなので人気がある理由がわかります。実物はヤマダなどに見に行って確認。

ハイビジョンデジタルの機種は、ソニーデジタルHDビデオカメラレコーダーです。

今時の機械(昔から?)は使い方も簡単なので楽でいいです。あとは、新しいパソコンでのビデオ編集で新製品の効果を試す番です。特にグァムの映像を上手に仕上げて何枚か作成できれば御の字なのですが。
posted by 金時 at 18:39| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。