2006年10月23日

DELLのパソコン

ビジネスモデル※としては、よく聞いていたDELLでしたが、先日DELLのパソコンを購入し、自宅に設置しました。

※DELLモデル
Dell社が創業以来続けている、流通業者を介在させない直販・受注生産型のビジネスモデル。
 部品工場から組立工場への輸送タイムラグを抑えつつ、部品工場にコンスタントに発注を行なう態勢を整える。これによって在庫部品数を最小限に抑え(Dell社の部品在庫量は1週間分未満といわれる)、在庫コストや部品の価格下落損害を最小限に抑えることが可能となる。また、完成品を流通業者を挟まずに配送することによって、流通コストも削減している。
 Dellモデルを実現するためにはDell社が顧客から受注したデータを迅速に部品メーカー・配送業者などと共有する(いわゆるSCM)必要があるが、Dell社は創業以来このモデルを確実に実践する体制を整え、圧倒的な成長力を誇るメーカーとして名を知られるようになった。
IT用語辞典 e-Wordsより

まだ、5年も経っていないノートパソコンのバックライトが要交換のようなので、新しいのを急遽構えることになったためです。中古の11インチノートもありましたが、こちらもいつまでもつかわからないので、大きな出費になってしまいますが決断しました。

ノートかデスクかでまず選択をするわけですが、ノートは今回のようなリスクがあるので、ディスプレイも薄くなったこと、ノートだからと言って設置場所から動かすこともあまりないことからデスクにしました。

それからどこのメーカーにするか、どこの販売店が安いか調べるわけですが、折り込み広告では、ヤマダ、コジマ、あとはネットで検索。やはりネットが安いです。さらにいろいろ調べるとどうもDELLが安くて知名度もあり性能も良いので、これを買うことになりました。

口コミ情報は、ヤフーの知恵袋(教えてgooなどもあります)で。DELLの評判やどのレベルのスペックにするかをチェックします。

17インチTFT
CPU:AMD Athlon 3500+
HDD:250G
メモリ:1G
スピーカーオプション

以上で77,000円くらいでした。
動きもスムーズで、セキュリティ及びソフトはフリーソフトで揃えました。これを機にブラウザもメールもMozillaの無料製品にしました。FirefoxとThunderbirdです。ITとOEはみんなが使用しているので、セキュリティに問題があるので、違うものを使用すればそれだけ安全なのではないかとの判断です。

フリーソフトに関しては、この本が参考になりました。

CPUはIntel Pentiumは熱をもつというので、AMD Athlonの機種を選択しました。デュアル・コアという新しいCPUも出ていますが、まだ高価なので止めました。とWindows Vistaについてはそこまで待っていられないので今回は見送りです。

主はネット使用ですが、ビデオ編集をしたいのでハイスペックにしています。
何かとお金がかかるのが心苦しいのですが、確かに値段は安くなってきています。それでも高いには高いのですが。

ちなみにノートだとDELLではなく、HP(ヒューレット・パッカード)が口コミ情報によるといいようです。ネットをする程度なら一番安いモデルを選択して8万円台で購入できます。



【関連する記事】
posted by 金時 at 20:00| 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。