2006年10月09日

おすすめ雑誌(政治・経済・英語)

最近、雑誌にはまっています。
とはいっても、週刊誌は内容的に薄い気がするので、月刊誌がよいと思っています。

経済的でもあります。

おすすめは、
「フォーサイト」・・・月刊の国際政治経済情報誌。世界の主要都市にネットワークを張り、内外の最新情報や先見性に富む分析を年間予約購読システムでフォーサイトを直接読者に提供しています。執筆陣もよく内容が濃くて良いです。

「大前研一通信」・・・様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一氏の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。書店では発売していないので、定期購読をするしかありません。マスコミ上に発信された大前研一氏の発言
や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野を確認できます。大前研一氏への評価は分かれるところがありますが、私は参考にしています。

「FORTUNE(フォーチュン)」・・・世界最大の英文ビジネス誌フォーチュンのアジア版。発行部数87万部、世界120ヶ国で延べ300万人が愛読する世界最大の英文隔週刊ビジネス誌。月刊誌ではありませんが、隔週なので読まずにたまっていくということを少しは防ぐことができます。「Business Week」の評価の方が高いかもしれませんが、週刊誌になると読み込むのが大変なのとお金がかかってしまいます。折衷的な選択として、国際派ビジネスマンの必読の一冊!というところでしょうか。年に一度のFORTUNE Global 500やWorld’s Most Admired Companiesのリストは世界の優良企業の代名詞となっており、全世界のビジネス界から注目を集めていたます。さらにビジネス社会でのさまざまな出来事を人間的な視点は、将来のビジネスに役立つケーススタディとなってくれたらよいのですが。何しろ、英語の勉強を兼ねています。

他にも、雑誌を購読するなら、「Fujisan online 書店」が良いと思います。割引が適用されますし、まず、アンケートに答えて500円分の割引チケットをもらえば更にお得です。

本でも雑誌でも意識的に読んでいくと知識もじわじわと蓄えられてきます。知的欲求を満たせることは、楽しくうれしいことだと思っています。
posted by 金時 at 12:24| お薦め図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。