2005年02月21日

愛情の確認作業

長女Aは時々わざとらしい質問をします。
「誰の描いた絵が一番うまいか?」みたいな
ことをしばしば聞いてきます。
私たちも「あなたのが一番よ」としか
答えようがないので、そうします。
そして長女Aは当然のようにうれしそうな
顔をして満足します。

お気に入りの服を着たときには、
長女Aも次女Sもとことこ走って
私に見せに来ます。
「かわいいね〜」と言うと満足した
顔をして戻っていきます。

親の反応はお見通しなのですが、
しっかりと確認して、その答えを聞いて
満足しています。子供にとってはこの
愛情の確認作業が重要なようです。
感情が安定するためには、あらかじめ
予想された肯定的な反応は必要です。
子供が同じ絵本を何度も読むのも、
そういう理由で結果が予想されている
ことが重要なのです。

ということで、子供のわかりきった質問にも
妻と顔を見合わせてほくそ笑みながら
「もちろんあなたが一番」と言い続けています。

posted by 金時 at 12:42| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。