2005年01月13日

身体が温まる入浴法:腰湯

寒さが厳しくなってきました。身体を冷やすことは
体調を崩す原因です。身体を冷やさないように寒さ
を防ぐ服装をすることを昨日紹介しました。
さらに身体を温める効果的な入浴法を紹介します。

腰湯:
少し熱めのお湯(48度ほど)を膝の高さくらいに
張り、その中に入ります。その時つかるのはへそ
位までにして下半身を温めるようにします。
上半身は寒いのでTシャツを着るなどします。
身体が温まってきて全身から汗がでてきますので、
頃合いをみてあがります。
お湯がぬるく感じるようでしたら、より高温の
お湯を足します。

私も昨年は違和感がありあまり腰湯をしません
でしたが、今年は寒くなってきてから腰湯に
しています。下半身だけを重点的に暖めることに
よって、身体全体がしっかりと温まります。
腰湯に慣れると通常の入浴では、身体が温まらず
物足りなくなります。
ポイントは心臓まで湯につかならいことです。
あまり長湯をすると身体に負担がかかるので、
ほどほどにしてください。
posted by 金時 at 12:19| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。