2005年01月10日

仕事について考える

資産設計を考える上でポートフォリオの中心は
仕事といいました。また、先日はライフワーク
について、好きなことを仕事にするという考え方
を示しました。

今の自分を受け入れた上で、更に何が好きなのか
どのように生きていきたいのか、を考え
それが仕事にどう結びついていくかを日々意識
して過ごしていくことが第一歩になります。
お金を稼ぐことは主目的ですが、ここでは
結果として捕らえたいと思います。
第一義的には目的ではなく結果です。
最終的にそれが安定した収入や、場合によっては
大きな収入へとつながっていきます。

人生の大部分を占める仕事では好きな事をやって
いかないと人生における時間の無駄遣いに
なってしまう恐れがあるのです。
また、安定的にみんなが豊かになっていく社会
では、特に自問自答しなくてもそれなりに
収入も増えて生きていく事ができたと思います。
しかしこれからは、X−Y座標上の分類のように
生き方や仕事の仕方がはっきりと分かれてきて
いるようです。別にこれは悲観することでは
ありません。機会が増えたと考えると良いと
思いますが、ある事象上にいる人にとっては
つらい時代でもあります。ある意味で、差別化
が始まっていると見ることが出来るのです。

簡単な分類ですと
@好きな事をしてたくさん稼ぐ人
A好きな事をして少しだけ稼ぐ人
B嫌いな事をして少しだけ稼ぐ人
C嫌いな事をしてたくさん稼ぐ人
となります。
縦横に十字に線を引いて、横線をX軸、縦線をY軸
として、右上から第1事象、つまり@で、時計周りに
A、B、Cとなります。
X軸が好き嫌い(右つまり+が好き)で
Y軸が稼ぎ具合(上つまり+がたくさん稼ぐ)です。
X,Y軸が交わるところ、つまり中心点0から第1事象@
(右上)にどんどん進んでいけるといいわけです。
しかし、最初から順調にY軸方向へは伸びていかない
かもしれません。その間はX軸をプラスにしていく時
です。
まずは考えることから始まります。
posted by 金時 at 19:47| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。