2005年12月04日

ブックベストセラーズ051130

@宮城谷昌光著「戦国名臣列伝」(文芸春秋・1700円)

A宮城谷昌光著「春秋名臣列伝」(文芸春秋・1700円)

B村上春樹著「意味がなければスイングはない」(文芸春秋・1400円)

C白石昌則ら著「生協の白石さん」(講談社・1000円)

D内田樹著「知に働けば蔵が建つ」(文芸春秋・1600円)

E坪内祐三著「極私的東京名所案内」(彷徨舎・1890円)

F高村薫著「新リア王(上・下)」(新潮社・各1995円)

G三崎亜記著「バスジャック」(集英社・1365円)

Hパオロ・ナッツァリーノ著「反社会学の不埒な研究報告」(二見書房・1500円)

I立花隆著「エーゲ 永遠回帰の海」(書籍情報社・1575円)


(東京堂書店調べ)
さすが東京堂、個性的な本が多い。文芸春秋が4冊もランクイン。新書はなく、すべて千円台。

posted by 金時 at 09:11| ブックベストセラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。