2008年02月16日

故郷、西武線

東京で育って、地方で住むと実家が東京という言い方は
できても、故郷が東京とは言いづらい。というのも、
地方から見た東京のイメージは都心部を指しているからで、
東京に家族で住んだことのある人なら、あれは一種の楼閣で
実態は郊外の住宅地で満員電車で都心部まで通勤といった
ことは、話では知っていたとしても実感できないと思うから。

で自分も故郷が東京とは思えないでいたけど、先週の
日経ビジネスで「西武再生、1000日の苦闘」を読んで
これだ、とピンときたわけです。

西武王国の総裁者だった堤義明氏の逮捕からの物語です。
自分も西武鉄道沿線に20年ほど住んで育ったから、あの時は
事件の真相を深く知らずでしたが、何か違和感を感じました。

西武の堤王国は、コクドに絡む案件で一部評判も悪かった
ようですが、自分にとっては物心ついたときから西武線と
ともに育ったので、ある種愛着があったのです。
西武ライオンズに関しても、友の会に入って10回以上は
西武球場へ野球も見に行きましたし、スーパーの西友も
よく利用していましたから。この沿線が一種の故郷であった
訳です。それで、地方や田舎の人の郷土愛とやらを
少し理解できました。

学生時代に地方から来て、東京の愚痴をこぼしているのを
見たら、さっさと実家に帰ったらいいのにと思っていましたが、
やっぱり、嫌だった人は買っています。笑。
今、思うと20歳くらいで東京での一人暮らしは、皆が楽しめる
訳ではないと理解も示せるわけですが、当時、実家組の
自分は冷たいものでした。

仕事で地方勤務をしてみると、これまたまわりが井の中の蛙に
見えてしまうというか、鼻につくことも度々。これは多少は
理解ができますが、というのも自分も東京しかいなかった時には
わからなかったことも多々あるので、だから他の世界を知らない
ということは偏狭になるのも必然かと。以前、東京人のことを
東京しか知らない東京蛸壺の「東京タコ」とのたまった知事が
いましたが言うほうも程度が知れていますが、事実でもあります。
但し、それはそっくりそのまま地方人にも当てはまります。
結局は人は自分のことしか考えないということでしょうか。
いい意味でも悪い意味でも。もちろん自分も同罪です。
だから、地方にいてその良さや不便さを享受しつつ、やっぱり
東京的感覚が抜け切れていない面があります。言葉も含めて。

それで、西武の話ですが、新しい社長の下、西武が再生しつつ
ある記事を読んで少し嬉しくなったのです。新型車両には
経理の女性社員が参加して、素人の目線で可愛い車両ができたり、
普通の会社としての意識改革が後藤高志氏ひとりの強烈な意思に
よって成し遂げられつつあるとのことです。

まだ、創業者との裁判争いが続いていて紛争の種がありますが、
球団も含め、復活してもらいたいと思っています。
また、品川のプリンスホテルを含む高輪・品川エリアも、実は
西武グループ最大の資産ですが、てこ入れを計っているとのこと。
大前研一氏によれば、まったく活用できていなかったから、
売るべきであるということで、処分するのかと思いきや
そうではないらしい。

自分は将来、西武鉄道沿線に住むかと言えば、それはないかもと
思っています。将来、住む土地は合理的に住みやすい街を
見つけたいと思っているし、東京だっていろいろな街があるから
別のところに住んだほうが面白そうだからです。

それに、一度は海外での生活をしたいので、候補地は世界から
見つけたほうがいいわけだし。当然、日本人だから日本が
住みやすいのでしょうが、日本しか知らなければ「日本タコ」
な訳です。ただ他の世界を知ればいいという訳ではありませんが、
同じ一生ですから、本人の好みで決めたらいいわけでしょう。

それでも、良いも悪いも「故郷は変えられない」ということです。
人間理解の第一歩です。

posted by 金時 at 17:19| マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「非常識な成功法則」神田昌典さんと勝間和代さんと

「非常識な成功法則」神田昌典を読み終える。
お金と自由をもたらす8つの習慣

「人生思ったことが実現する」
いきなりこれでは、引いてしまうのが凡人。

しかし、思ったことは潜在意識として右脳にストックされるらしい。
だから、それをより刺激してやって、実現度を高めちゃおう。

その方法とは、「目標を紙に書くこと」。
そう、目標は紙に書くと実現する、ものなのだそうだ。

方法論としては、まず、「やりたくないこと」を書いてから、
「やりたいこと」を書くとうまくいく。

次に「ミッション」(使命)を書く。人生の目標、目的意識。
これを目指して進んでいくから、これを定める必要がある。

それから、自己暗示をかける。要は自分はどんな自分にでもなれると。
それは、ミッションや目標を書いた紙を毎日、眺めること。
それだけで、いいと。年収1億円とか、南の島に暮らしたいとか、
紙に書いたものを眺めていると、それに向かった行動をとる準備ができる。

年収2000万円を超える人は、ほぼ全員、潜在意識を意図的に活用している。
それは、目標を書いた紙を毎日眺めること。
マーフィーの成功法則を本当のこととして信じている。

センスある人の共通点は、3つの出会い
1.本との出合い「大量に本を読んでいる」
2.人との出会い
3.テープとの出会い「講演録など」で、これが重要とか。

その他、「お金を愛でる」「行動・実践する」「ダークサイド」を知る。
ダークサイド対策として、
1.完璧を目指さない。不完全、曖昧さを許容する。
2.家族を大事にする。
3.稼いだお金を有効に使う。

最後に、自分を信頼すること。「TRUST YOURSELF」
現実は、自分の心が作る。現実を変えるのは自分自身である。

と防備録風に。何回読んだかな、CDも聴いたし。

実は、昨年神田さんのセミナーに参加したんです。
その内容を今はうまく活用しきれていないのですが・・・。
でも、本題ではない部分でとても役立っていることもあります。
タッピングとか、人の出会いとか。
また、そこで体験したことが強く心に残っていて、
今でもそれを思い出すたびに、考えを深くすることができています。

神田さんの存在は、今、大ブレイク中の勝間和代さんにも
大きな影響を与えています。ムギさんこと勝間さんは大前研一氏に
憧れ、コンサルの道に入り、神田さんに出会いアナリストになり
独立に至ったということでした。たしか。

この本もムギさんの強烈な推薦のもとに読んだのです。
神田さんのことは英語本で知っていましたが、初対面では
どうも怪しくて近づかなかった。笑
知って読んで聴いてよかったです。

話はそれますが、自分が勝間さんを知ったのは、最初はムギ畑
だったと思います。ムギ畑とは働くお母さんのコミュニティサイト
です。育児休暇中にあっという間に立ち上げ、大所帯に。
その後は、新聞の人欄に。モルガンでアナリストしていて
本を月に50冊も読んでいるとのことで驚きました。エイボン賞を
とったから記事になったのかは定かではないのですが。
その次は、たまたまネットで「CDを聴いて勉強しよう」のサイト
を見つけ、とても参考にさせてもらいました。これを含め3つの
ブログもずっとチェックしていました。

フォトリーディングも勉強本で今はじめないと時間を損すると
思って受講しましたが、読書量が確かに増えたので成功でした。
ちなみに、今の読書がフォトリーディングにはどうもなって
いませんが、やろうと思えばできるという感じです。
時間本では、食器洗いと洗濯物を干す時間を節約するために
食器洗い機と洗濯乾燥機を。これは投資の売却益で○。

その後、年末から急落しているので、その分はいいタイミングで
処分できたのですが、残りは今後の上昇のために残っています。
しかし、ロング一本ではなく、相場の技術を使っての取引を
考えていきたいです。相場の上げ下げにかけるのではなくて
流れで取引することをです。サヤトリなどが代表でしょうが。

このお二人によって、新しい自分の流れが数年前から
始まっています。


posted by 金時 at 03:55| お薦め図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。